tontonのジュビレ日記

わーお

わーお! (と言ってもミレニアムチャレンジャーじゃない)
職場のPCが、あたらしくなった(嬉)。
古いPCが、4月に入っていよいよおかしくなって、アウトルックエクスプレスの添付を印刷しようとすると、バグる。ゴミ箱を空にする途中で止まる。叩いたら動き出したりして・・・動かないPCを叩く、なんて聞いたことない。それって昔のラジオみたいじゃないですか。で、新しいのを買いましょう、と言うことになって、「私」が選んで注文してよいということになった。うはーーと思ったが、予算が決められてるので、職場のHP担当と相談して決めた。彼は職場にはほとんどボランティアで来ていて、本職はソフト開発である。PC選びはアフターサービスのよしあしで決めるんです、とおっしゃる。売れ行き1,2位の人気のF社やS社はお勧めできません。
ほお、そうですか。それなら、私が使ってるPCのメーカーがいいのじゃないですか。ものすごく初歩的なアホなことで連絡したときにも、即座に返事があって、とても丁寧に教えてくれたのだった。
では、そこにしましょう。なんていうメーカーですか。
マウ○。マウ○コンピューターです。
え、聞いたことないですね。どこの会社ですか。
日本です。うちの息子が探してきて、これがいいよと言うので、買ったんです。
ネット販売が専門ですか。
ああ、そうみたいですね。
では、そこにしましょう。
と言うわけで、会社のホームページを開き、あれをつけよう、これは多いほうがいい、これはできたほうが便利ですね、あ、ちょっと超過、これはなしにしよう、てな調子で決めていき、最後にクリックして注文完了。
で、本日、そのPCが到着、セッティング完了したのだ。
いや、早くてスムーズ、うれしい。いろんなことをいっぺんにやっても、ストップしないのがいい。(ほかでは当たり前なことだろうが)
大量にMOに保存したバックアップを入れようとしたら、職場のMOドライブをつなぐポートがないことが判明し(何しろ古い型のドライブなので)、私は、そんなら新しいMOドライブを買えば、と一瞬思ったが、件のHP担当がきてくれて、そちらの部署で使ってるドライブで取り込み、オンラインで送ってくれ、一件落着。
これで、お仕事がスムーズに運びますわ。(趣味のことにも大いに使えて、これはいい、というか、そっちに使う時間が増えるかも・・ハハハ)。
[PR]
# by ichigoshoto | 2005-05-20 15:39 | holiday主婦の日常

子供は凄い!

子供の時の純真さを失わなければ・・とはよく言われるけれど、絵に関してもほんとにそう思う。
幼稚園の時は、とてもユニークな楽しい絵を描いていたのに、学校に行くようになって、美大出の先生なんかに、いわゆるアカデミックな手法、技法なんていうのをヘタに刷り込まれて、「こういうふうに描けないとダメ」と思い込まされ、絵がだめになっていくことが多い。美大系の基準は、対象を如何に正確に写しとるかというところに重点が置かれている。つまり、デッサンがちゃんとできないとダメ、全てはそこから始まるというところにあるので、それができないと、そこでシャットアウト! で、そういうお手本と自分の描いた絵との違いに落胆し、自分は絵は描けないんだ、と思い込み、そこで絵を描くのを辞めてしまう人が多いのだと思う。こんなつまらないことはないのであって、 絵画や造形を含めた美術とは、デッサン能力だけではないはずだ。と思っている。悲しいかな、現在の芸大を頂点とする美術教育界ではこのデッサン信仰ともいうべきものがまだ中心にあるため、沢山の美的センスを持った人たちが、美術の世界で働くことを断念したり、または一般の人たちの中でも絵を描くことを楽しみにすることを捨てたりしていると思う。デッサン力なんかなくても、絵は描ける。いや、そんなものに捕らわれないほうが面白い絵ができたりするのだ。

あー、演説をぶちましたが、うちの子たちもいまは普通の人になりつつありますが、ご幼少のころは面白い絵を描いたなあ、ということを言いたかった。で、それぞれ個性がある。これが面白いと思う。

d0037729_232126100.jpg

息子の一人が幼稚園の年中の時に描いたロボットの絵。
アニメの「トランスフォーマー」が大好きで、それを描いたらしい。
色がいいでしょう。わが息子ながら、なかなか微妙な色を使って色分けしてると思うんである。幼稚園の先生からも、「ちょっと色の使い方がちがいますよねえ」なんて言われて親は半分その気になったりしたんだ(笑)。
[PR]
# by ichigoshoto | 2005-05-18 23:30 | holiday主婦の日常

お宝美術館(又は赤っ恥コーナー):色鉛筆美女2

2枚目です。

d0037729_20311935.jpg


これは、玉さまがモデルだったと思うが・・。
おお、美しい、と思って描いたんだったと思う。20ウン年前ですから、玉さまも匂いたつお美しさだったわけだ。いや、今でも十分美しいけど。
[PR]
# by ichigoshoto | 2005-05-16 20:38 | holiday主婦の日常