tontonのジュビレ日記

花組 「サンテ=クジュペリ」/「CONGA!!」

これねえ・・・。

「サンテ=クジュペリ」のほうが面白くなくて。
ショーがとても楽しかっただけに、残念ですわ。


現実部分と幻想部分の乖離。
やりたいことはわかるような気がするが、うまく構築されてません。
出てくる人が唐突で、どういう経緯でこういう関係、とか、その心情はどうなんか、とか、ぜんぜんわからんのですわ。

それでいて、突然らんちゃんが王子さまになったり荘さんがキツネになって出てきたりしてね。
自然に幻想シーンにいざなう、ということができてないから、観てるほうは混乱する。
ついていけない。ということになるわけ。



一番(というかほとんど唯一)よかったのは、荘さんのキツネでした。
荘さんはどこに行っても自分の世界を作れる人だ。(それは裏表の特性でもあるのですが)


それと、汝鳥伶!
このおじさんも、サンテ=クジュペリとどういう関係か、てのがよーわからん。
わからんながら、おじさんがしゃべると、おじさんの人生の歩んできた道のりのあれやこれや、苦労やなんかがじんわりと感じられる。うるっときたところありました。
さすがだ。


まー結局のところ、
とにかく、谷さん、がんばってよてことです(て何度言ってるかなー)

こういう演目が堂々と舞台に乗っかっちゃう、それで公演を成り立たせちゃうとこがタカラヅカなんだけど、これはいかんでしょうと思いますよ。
一生懸命演ってる子たちが気の毒だ。


お隣に座ってたご夫婦、ショーのときにはいなかった・・・ショーまでいてくれたらなあ。
急用ができて、ということだったのかもしれませんけど。








「CONGA!!」


藤井くんは、はずさないね。
とても楽しかったです。


掛け声、おたげび、目線バチバチ、眉間のしわも麗しく、ああ懐かしの男役が帰ってきた!
大階段を降りてくる男役たちを見てワクワクしたのは、久しぶりです。

らんとむ、ここぞとばかりに、クササ全開で踊りまくり。
蘭ちゃんも一緒に踊る、踊る。
トップコンビはこうでなくちゃな。

でですね。
「熱いショーです」と宣言してるだけあって、どの音楽もトランスのビートで、ドンドンくるわけですけど、それに合わせたダンスが結構ハードで。
よくある8拍子に4拍子の振りがついて、というのでなかった。
これが、偽物でない熱さとしての表現となりました。

「気」を感じました。
気合いの「気」。 意気込みの「気」。 元気の「気」。
付け加えるなら、男気の「気」。






ピンポイントとしていくつか。


らんとむとらんちゃんの白い衣装のエロいダンスのシーン。(エロい言うな。「ベルダデロ・アモル」(真実の愛)ですよ)
二人の間に割って入る黒い衣装の男女のダンサー。これが、すごくてですね。
特に、女役のほう。キレがよくて劇的なダンスを踊る。たぶん、男役がやってるんだろうなと思いましたけど、いかんせん、若い子はわからん。
家に帰って確認しました。
冴月瑠那くん。
藤井くん、ナイスキャスティングだ。

タカラヅカって踊れない、というイメージ持たれてますけど、ダンサー結構いるんですよね。
使い方の問題なんだろうね。
タカラヅカは総合舞台芸術であって、ダンスだけの舞台ではないですから、それだけでは決まらないとは思いますけど。


あとは、中詰ですかね、みんなが(動物園ではおなじみの)動物さんになって出てくるところの、

桜一花ちゃん。

「ジラファ女」だそうで、てことは、キリン?  キュートなキリンだ。

黄色の前髪が似合う人NO.1です。
片足白いタイツで、スマートにきまってるってとこもすごい。
どんだけ鍛えてるんだ、ということですよ。

ちなみに、ジラファ男はいません。



それから、最後のほう、紫色のシーン(衣装の色から)。
荘さんが歌ってるとこで、まとわりつくピンクのドレスの美女。
ガッチリした肩があらわですが、なかなかのもんです。
横顔で、望海くんだとわかりました。
化けるのうまいです。



こんなところで。
「CONGA!!」はもっと見たいと思いました。
組長就任のさおたさん、最近踊るとこあまり見られないのがちとさびしいです。
[PR]
# by ichigoshoto | 2012-10-14 09:00 | タカラヅカ

The JuJu ~BLISS~

日本橋三越劇場での公演を観ました。
三越劇場、もう3回目なんですね。
(全部観てますけど)


今回の舞台は、1部、2部ともにショーで、1部が和物、2部が洋物です。
北林佐和子の作・演出、ということでしたので、ちょっとした期待がありました。
なにか、面白い趣向になってるのかなと。

北林さんといえば、私にとっては「闇の貴公子」シリーズの作者でありまして、これ、私はビデオで観ましたけど、今はDVDも出てないようで、幻の名作となりつつある、という気がしてます。

でちょっとした仕掛けがほどこされている。
「JuJu]を探して・・「JuJu」はどこに・・という問いかけが最初にありまして、和物、洋物を通して、この謎を追いかける、最後の最後に明かされる、というわけ。


とはいっても、ストーリーがあるわけではなくて、テーマは「90周年記念」でありまして、お祝い気分が一貫して流れる。
最後に明らかになるのは、JuJu=ジュジュ=寿々・・・というわけで、追いかけていたジュジュは、90年続いたOSKのこれから、さらにその10年後の100周年、ということのようです。
ちなみに、副題としてついている”BLISS”は、英語で「無上の喜び」という意味です。90周年を迎え、来るべき100周年をともに迎え、喜びましょう・・・これからの10年もどうぞよろしく・・・ということになるんですね。




1部は、なんといっても、オープニングの桜花ちゃんとタカセくんですね。
美しいです。
美しいことはよいことだ、と素直に肯定できます。

あとは、口上があって、結婚式でのどたばたの場面、光源氏の場面などなど。

で、tonton的には、この1部はちょっと消化不良でありました。
OSKをなぜ見るかというと、ダンス! ですので、ダンスそのものをもっと見せてほしいなあ、と。




休憩があって、洋物。

こっちは楽しめました。
テンポよく、バシバシ。

特に娘役陣。

踊れる子ばかり集めてきましたね。
というか、友人は、舞美りらがチェリーガールズ従えて踊っちゃうし、と言ってました。
そのとおり。
みうちゃんとかくるみちゃんとか瀬乃さんとかがバックって、贅沢というか美味しすぎるというかもったいないというか。


で、その中でも、楽しみにしていた朝香櫻子。ここのところ、西の方には行っていないので、ナマ櫻子ちゃんは、しばらくぶりです。

少女のような愛らしさに、男前のダンス。
時に無心でクールな表情を見せる。ここんところが好きですね。

いつかの「春のおどり」だかで「スワンレイク」をやった時に(名倉女史振付!)、櫻子ちゃんは黒鳥をやってましたが、この黒鳥があっけらかんと明るくて、無邪気に跳ねてみせる。そのあっけらかんとして元気な踊りの中に怖さが見えました。
すごいダンサーだ。


で、今回の彼女の真骨頂は、アラビア風の場面(「シャングリラ」だそうです)。
櫻子ちゃんは白いアラビアのお姫様風のお衣装で、とらわれの身か? 
牧名ことりは黒の衣装。偉そうにしてるとこみると、悪者の女ボスか?
プログラムによると、櫻子=光のプリンセス、牧名=闇の女王。

で、光のプリンセス、孤軍奮闘。
二人の白黒(ことり=黒、櫻子=白)対決がありまして(もちろん、ダンス)、最後、光が闇に勝つ。



あと、面白かったのは、タカセくんの客席とのやり取りとか、桜花ちゃんのとぼけっぷりとか、緋波さんのこなれた芸(もはや芸の域)とか。


男役は、先輩方のうまさが光り(当然ですが)、若手群、さらに頑張って、というところ。
男役ができるまでは年月がかかるからね。頑張ってください。
楊林くんも悠浦くんもすいぶん、素敵な男役になってきました。


娘役はとても充実してます。
みんなきれいでダンスうまい。ロケットもすごい迫力で、これぞOSKで、満足でした。
これから楽しみです。


さて、フィナーレのアンコールで、これからの公演のご案内がありまして、いろいろおっしゃてました。
詳しくは、webで。
というところですが、東京では、東京會舘でクリスマスディナーショー、来年の春は日生劇場で「春のおどり」をやるんですね。
楽しみにしたいと思います。
[PR]
# by ichigoshoto | 2012-10-13 09:00 | OSK

月組 「ロミオとジュリエット」

さて、新生月組の「ロミオとジュリエット」ですよ。
《明日海りおロミオ、龍真咲ティボルト》 バージョンでした。



なんとも不思議な感じ。



真ん中は幼さ全開、両家の若者たちはチンピラとその彼女のグループのよう。
若さゆえの愚かさを体現していて、これはこれで、若い月組のいまにぴったりの演出だったのだと思います。

明日海のロミオは、愚連隊のようなわかものたちとの対比も鮮やかで、まっすぐで純粋なロミオを印象づけました。

で、それを取り巻く大人たち。
これが本格的なミュージカルを演じていて、地に足のついた舞台を作りました。
特に、美穂圭子、越乃リュウ、英真なおきは出色で、乳母のアリア、父のアリア、神父と乳母のアリアとも呼ぶべき素晴らしい歌を聞かせてくれ、感動し、涙したのでした。

「愛」と「死」のダンスもよかったです。
オープニングから引き込まれました。
雪組公演の時と比べて、能動的というか、牽引力を感じましたが。



「若い月組」ということですが、若さは未熟さも含んでいて、時としてそちらのほうが出てしまうこともあるのですが、今回の月組公演では、その若さをうまく使って、暴走するわかものたちを表現し、大人たちが要所を締めて、面白かったです。
これが演出家によって意図されたものであるなら、拍手を送りたい。
[PR]
# by ichigoshoto | 2012-09-17 09:00 | タカラヅカ