tontonのジュビレ日記

春のおどり/2014 その1

松竹座公演、5月17日昼と夜公演、観てきました。
1幕は日本物で、2幕は洋物、という定番の構成。


1幕、セリを使ってステージ作ったり、盆が回ったり、と、結構スペクタクルしてて、面白かったです。
友人に言ったら、「王道」とのこと。そうなんだ。
今回のはちょっと趣向かわりましたね、と、思ったのだけれど、松竹座で観るのは久しぶりだから、その間に変化があったということなのかもしれない。

桜花ちゃん退団なんだなーと思ったのは、光源氏のところ。
桜花源氏さま、美しい女人方と触れ合うも、みな離れて行く。
そのあと、源氏がさびしそうに見えたのだが、桜花ちゃんの心のうちが表れてるのか、自分の気持ちの投影か。。

頭中将と若い源氏が踊りますね。高世真央と桐生麻耶。
これがいい。凛とした風情がいい。

娘役さんがなんにんも並んで出てきて、それぞれが源氏とゆかりの女人ということなんだろう。
順番に踊るんだけど、ニュアンスを変えているように見える。
プログラムでは、「女」でひとくくりになってるけど、なんとなく
朝香櫻子は藤壺か。牧名ことりは紫の上かな。
白藤麗華は若い感じだから、女三宮か。
折原有佐は葵の上かなあ。恋羽みうは、だれかなあ。


鼠小僧の場面は、転換が早い。
いろんな人が出てきて、面白かったですね。
オチもなかなかなもんで。

鼠の真麻里都が軽快。掛け合いのところのノリもよい。
主人公なんだから、もっとアクが強くてもいいかもと思うけど、さらりとやっちゃうのが真麻くんらしいんだね。

ここは桜花ちゃんは岡っ引きだが、アピールよろしくで、ぜんぜん捕まえるつもりない。
そこが桜花ちゃんらしい。

タカセくんは若旦那ですか。
力はなさそうな色男。


プロローグとフィナーレで歌われる主題歌は、退団仕様の歌詞で、「前見てずっと歩いてきた」とか「いつかまたどこかできっと会えるから」とか「ありがとう」とか、桜花ちゃんの気持ちなんだろうなあと思うと、ウルっときそうだが、曲そのものは、明るくて応援歌のようで、これも桜花ちゃんらしい。




[PR]
# by ichigoshoto | 2014-05-24 13:08 | OSK

春のおどり/2014 覚書2



今年の春のおどりは桜花ちゃんの退団公演であって、それについて言わなくてはいけないのだけれど。
まだ、覚書です。

フィナーレの名倉加代子の振付。。ちょっと変わってますね。
あれは、クラシックバレエの男性ダンサーの振りではないだろうか。と、思いいたったのだけれど。
あとでちゃんと書きます。







[PR]
# by ichigoshoto | 2014-05-21 20:12 | OSK

春のおどり/2014 覚書つづき




覚書で「ブラックアンドホワイト」と言ったが、今回の舞台での正式の景のタイトルは、「太陽の鼓動」である。

A アフリカ(ブードゥー)
B ニューオリンズ
C ニューヨーク
D 踊るニューヨーク

という構成。

で、テイクファイブが出てくるのは、Bからであって、私は昨日「ニューヨーク」と言ったけれど、正確には「ニューオリンズ」だった。
私の中では、アフリカの太鼓のリズムから生まれたダンスが、アメリカにわたってジャズになった、という風にとらえているので、ま、アメリカの場面は全部「ニューヨーク」でくくられているのでありますが、そうか・・ニューオリンズのジャズというわけか。逆光の中に浮かび上がるギャングスタイルの男性たちは、ニューオリンズの人ということなのか。それにしては、洗練されててイカシてるので、ここはもうニューヨークと思ってしまったのだよね。

B,C,Dの場面でも音楽はめまぐるしく変化し、リズムも変則的になっていて、これにバッチリの振りをつけた麻咲梨乃の手腕はすごいと、改めて思う。プロだから当たり前、と言えばそうなのかもしれないけど、いや、すごいと思いますよ。

Aの場面、アフリカにカッコつきで「ブードゥー」とあるのは、作者のこだわり、理由があるのであって、初演(2004年)のときは、なんでブードゥー? と思ったけれど、今回、なるほどと思ったことがあった。腑に落ちた、というか。そうすると、私の「アフリカの太鼓のリズムから生まれたダンスが」という認識は、浅はかであって、もっと深い内容を秘めていることになるのだ。
これについては、後述したい。










[PR]
# by ichigoshoto | 2014-05-19 09:37 | OSK