tontonのジュビレ日記

<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ADDIO/Dance of JOY その1

OSKの三越劇場公演を観てまいりました。
三越劇場公演は、昨年の秋に続き、2回目。
今回は、桜花昇ぼるクン、桐生麻耶クンがご出演です。
1幕がお芝居、2幕がショーの2部構成です。
以下、印象みたいなメモみたいなもんですが、ざっくりと。



ADDIO

OSKの芝居を見るのは久しぶりかな。
”ADDIO”って、別れの言葉ですわね。誰か退団? かと思ってしまうね(サガです)

桂稀けいとくんが退団でした。
おつかれさまでした。と同時に、ちょっとさびしい。
また、旧OSKからの団員がひとり抜けますね。


さて、このお芝居。
ベルディのオペラ「レニャーノの戦い」が基になってるんだそうで。
このオペラ、あまり演じられない演目ですね。
オペラのほうのストーリイは、
こちらあたりで。

OSK版ではちょっと脚色があるみたいですが、アリーゴ(桐生麻耶)の恋人(OSK版では妻)だったリーダ(牧名ことり)が、今はロランド(桜花昇ぼる)の妻となってるというところは同じ。


ロランドさん、イタリア男だな―。
親友の奥さんが一人になったので面倒をみる、好きになっちゃうまでは、当然の成り行きとして。
ここで、めとっちゃうところが、イタリア男だ。ラブラブ、ハッピーになっちゃうところがイタリア男だ。
生きて帰ってきたアリーゴを見て、喜ぶより先に「ヤバッ」の気分になっちゃうわけですね。
なんか、ちょっとうしろめたい主人公とヒロイン。
ベルディのオペラなんかでは、そんなん当たり前、の世界だけどね。

アリーゴさんは怒り、決闘を申し込む。
チャンチャンバラバラやってる間に、リーダが割り込み、アリーゴは間違ってリーダを切ってしまう。
抱きかかえると、リーダが手を伸ばす相手は、なんと、ロランド!

愛する人の面影を胸に、大変な思いをして帰ってきてみれば、奥さんは親友のものになっていて、暮らしていくためにしかたなく、というのならまだしも、自分のことなんかとっとと忘れちゃってる。とは、アリーゴさんにとっては踏んだり蹴ったりであります。
自殺するしかない。

でまあ、それは当のリーダにとってもショックであったわけで、彼女はその後、修道女となってひっそりと暮らしている、ということが、腰の曲がった老修道女の最後の言葉から判るんですね。
言ってみれば、彼らは戦争の犠牲であった(とは、お芝居では言ってませんが)。
余韻が残りますね。

自分が放した鳩を射落とすほどロランドに疑われ、夫不信に陥りながらそれでも最後はロランドを選ぶ、というリーダの心境はよくわかりませんでしたけど。


さて、OSK版での脚色である、奥さんのスパイ疑惑とか、小道具として出てくる鳩と手紙とか、その疑惑を探っている兵士(楊琳)の過去の話であるとか、ちょこちょこと不審な挙動の女中とか、このあたりは上手くつなげて面白いドラマになりました。

女中役の美砂さん、ワタクシ的に今回のヒット!
楊琳クンに問い詰められ、苦境を吐露するところ、ほろりとさせられました。

桜花ちゃんは、絶対的存在感。イタリア男も、立派な愛すべき悲劇の主人公になってしまう。

ことりちゃん、彼女の楚々とした美貌と儚さは、悲劇のヒロインとしての必要条件を十分に満たし、不思議と納得しちゃう。
歌声が心地よい。
余計な話だがエリザベートを演ったらどうなるかな、と思ったりしました。

桐生さん、凛々しく逞しいお姿は堪能しましたが、アリーゴさん踏んだり蹴ったりで、気の毒でした。

蒼音クン、かっこいい。この人の実力は入団当時から見えてましたけど、すっかり立派な役者になりました。


ショーじゃないからそれもありなんだけど、ダンスシーンが少なかったです。
村娘役の若手の娘役さんたちがよく踊ってた印象で、男役のダンス、なかったみたいで。
重いコスチューム着けてるからなのかもだけど。もったいないと思った次第。


ショーについては、またあした(じゃないかも)
[PR]
by ichigoshoto | 2012-02-29 09:00 | OSK

オーシャンズ その13

真風涼帆クン。スリのあんちゃん、ライナス。

真風くんのこの名前。
かつて、オスカル役で人気だった男役さんのお名前とだいぶかぶりますけど。
アナグラムみたいで。ファンだったんでしょうかね。
でも、持ち味は違ってますね。

私は、最初に見たときに、水さんとそっくりでびっくりしたのを覚えてますが。
そろそろ、「水さんそっくりの」という枕詞は返上といきたいですね。

穏やかでいい人の雰囲気あります。持って生まれた癒し感。
それは素なのか、役作りの結果なのか。

「ブエノスアイレスの風」のときの(頼りない)印象が強かったので、「オーシャンズ」では、偉大なる父の後塵を踏み、多少いじけたスリのあんちゃんは、あて書きか、と思うほどぴったりだと思ったのですが、もしかしたら、こういう演技ができるようになったのかもしれない。

穏やかな感じを受けるのは、目線の影響があると思いますが、タカラヅカの男役としては、ときには、ビシーーッ!! ガンッ!!  みたいなビーム飛ばしも必要と思います。

お目目グリグリのタイプではないので、目線を効かせるというのは難しいんだけど、あまたのそのタイプの先輩方がそれぞれ工夫してインパクトを客席に投げてきたわけで。

がんばれ!!



****


あとの3人は、それぞれ役目はちがうんだけど、同じ感じに見える。
いまどきの若者風というスタイルがそういう印象になるんかな。


美弥るりかクン。 天才ハッカー。

彼についてはまだわかりません。
それなりに出来てると思うけど、天才ハッカーのオタクぽいところはもうひとつだったみたいな。
美弥くん、組替えですね。
飛躍を期待しよう。




モロイ兄弟。

如月蓮クンがおにいちゃんで、天寿光希クンが弟。

この二人、結構達者?・・う~ん・・よくわからなかった。別々に出てくると区別がつかないんですわ。いや、一緒でもわからなかったりして。すみません。
年取ると判別が大雑把になるといわれるけどね・・。AKBなんたらなんて、みんな同じ顔に見えるし。
そーいうこととも違うと思うんですけど、数見てないからだろうと思いますけど。
映画だと、この兄弟があらゆる場面でけんかしてて、そこが面白かったけど、舞台版ではそこまで入れられなかったか。

ヒップホップダンスのところ、よかったよ。
どっちだったかな(だから、まだよく区別ついてない)





「オーシャンズ」はこのあたりで。
また、お会いしましょう。
[PR]
by ichigoshoto | 2012-02-24 09:00 | タカラヅカ

ナイアガラバサリ

さて、レオンのナイアガラバサリ! について、おたずねの向きがあり・・・ませんが、
こんなところに注目してご覧になってる方も珍しいでしょうから、ちょこっと説明いたしましょう。





****




フィナーレの最後。

階段降りのクライマックスが、トップスターの登場です。

で、階段の中間で立ち、テーマソングを歌いあげ、にこやかに階段を降りてきます。
ステージ中央前方に進み出る。




d0037729_20504041.jpg



こんな感じ。
ちなみに、「ナイアガラ」とは、羽飾りの後ろに垂れてる白い尻尾群(みたいなもの)。
レオンの(長い)足の後ろに見えてますね。勢いのある歩き方をすると、このナイアガラがユッサユッサと揺れるのです。



で、客席に向かって一礼。

ここですよね。バサリ。


d0037729_20512945.jpg



わかりますかね、この絵。

お辞儀の勢いで、後ろのナイアガラが背中を超えて前に垂れてくるのですね。

わたるさんがナイアガラバサリ、をしたときに、それまで見たことがなかったので、感動したもんですが、レオンのそれは、わたるさんを上回る勢いです。


体を起こすときもよく見ましょう。
ナイアガラが、ポーンッと、後ろに吹っ飛びます。




・・・いえね。こんなこと、細かく観察して詳細に分析してどうなん? 
とは思います。

でも、この元気。
この体力。背筋力。


好きなんですわ。
[PR]
by ichigoshoto | 2012-02-17 09:00 | タカラヅカ

オーシャンズ その11


さて、
蛇ダンスについて、「オーシャンズ その9」で、私、自信をもって、「既出。」で済ませてましたけど。
その既出の記述とは、「オーシャンズ その8」のところですが、

「レオンの蛇ダンスが最高にかっこいい」

これしか、書いてなかったですね。
アレ・・?
他に、なんも語ってないじゃないか。

あーでも、これですべてを語った、という気がします。

体のしなり、うねり、そして、躍動感。どこを切り取ってもバランスよく、無駄がなく、フォルムが決まっていて、美しい。ターゲットであるテスを陥れようと狙う、大きな目が効いている。
テスがも少し、キレのいい踊りができると、もっと盛り上がったと思うんですが(言うな)。


レオンの蛇といえば、わたるさんのトップ時代にもありましたよね。
あれは・・・「タカラヅカ絢爛」だったか。2004年の星組公演です。
ずいぶん昔ですね。

蛇の男女が踊るシーン。わたるさんが蛇おとこで、レオンが蛇おんなだった。
レオンは、ピンクのぴたっとした衣裳だった。
ポーズを決めながら進んでいくダンスで、これは全身の筋力がないと決まらないし、スタイルができていないとなに踊ってるかわかんない。
わたるさんは適当にはしょって力わざで踊ってました(ハハハ)が、レオンはまじめにきっちりと踊りきった。
美しかった。レオンのダンスがね。でも、まじめだったね。あくまでも、わたるさんがトップで自分は出すぎないように、という感じで踊ってた。あれはあれでよかったのだ。

今回の蛇は、人をたぶらかす特性があって、レオンはそれもちゃんと役としてダンスに盛り込んだ。
トップの風格ね。いいですね。




***



そういえば、蛇ダンスのシーンで見間違いがありました。記憶違いだな。

テリー王子が手に持ってるのは、「赤い」花ではありませんでした。
赤だと思い込んでたのね。
じっさいのは、ピンクっぽいマーガレットみたいな花だった。
なんか、王子さまが愛する人にささげるには、ちょっと貧相じゃなかろうか。と思いますけど。




***


あと、オーシャンチームで感想言ってない人いますが、次回にってことで。
て、まだつづくのか。
[PR]
by ichigoshoto | 2012-02-09 09:00 | タカラヅカ

オーシャンズ その10

「その10」まできてしまいました。
大したこと書いてないのに。


夏乃くん、この間のMX-TVのカフェ・ブレークに出てました。
かっこいいなあ・・。デカイし。やっぱり、私はデカイノスキーであるとあらためて思います。

で、バウホールと青年館公演に出るんですよね。
観にいくかなあ。



*****


さて、2回目ご観劇、してまいりましたが。

紅くん、ゴメン。
階段降りも、(ねねちゃんの前で)二番手のポジションでしたよ。
すずみんがエトワールで別ポジだったというのもあるので、微妙ですが。
自分の中で、まだだろうなと思って決めていたらしい。
人の認識能力なんてそんなもんだ。

あと、「私のアダムになってほしい」発言@テリーは、寝室の場面ではなかったですね。
で、この(寝室の)シーン、テリーが持ってたのはシャンパンのボトルで、自分から「今夜は帰るよ」と言って、帰っていったんだった。
オバサンは、すっかりテリーがその気でやってきて・・・と思い込んでました。
はぁ~。オバサン、やらしい想像してたようで。
人の認識能力なんてそんなもんだ。

それからですね。
紅くんの(怖い)テリーの演技ですが、あからさまに苦々しい表情を見せるとか、怒鳴るとかって、まーあるんでしょうが、今やラス・ヴェガスでは向かうところ敵なしで、表の顔と裏の顔と持ってるスーパーマンなわけで、こういう人はあまり表情を顔に出さないんではないかなと。
映画版は、アンディ・ガルシアがやってましたが、渋く静かな中になにを考えてるかわからない謎めいたところがありました。あれを覚えてるからなのかもしれませんが、テリー・ベネディクトは「大物」であるべきだと思います。
紅くんのベネディクトは、若い。
いや、紅ゆずるは若いですから。
じゃなくて、舞台でのあり方がね。
若さが出てしまうと、「大物」に見えなくなってしまう。

大物で、表情出さずに、怖さの表現。 て、どうやるんだ?
わかりませんが。

舞台だから、客席に伝えるためには、多少誇張した演技も必要なんだろうと思うんですが、そこんとこね。もひとつ工夫をお願いしますわ。頑張ってください(まる投げ)。


あとね、紅クン、歌う時、歌詞がよく聞き取れない。
エコホテルのことを歌で聞かせるところがあるんだけど、何言ってるかわからない。
音響の設定の問題か、と思いましたけど、レオンやすずみんの歌はちゃんと聞き取れたので、歌い方の関係なのかな。

歌は、内容を伝える重要な役目を持ってるわけだからね。
そこんところも、一工夫してほしいでした。

いろいろ注文付けてますが、銀橋の小技(コワザ)、二度目も楽しみましたし、長い手使って大きく見せるところとか、魅力はたくさんある。
頑張ってください。




*****



そうそう。
シカゴの電車の場面は、壁でした。四角く開いてて、そこんとこがドアになってた。
あの壁は・・・もしかしたら、セリの利用かな?

乗客が降りてきてドアが閉まり、発車して行っちゃうんですね。
あとは街の風景みたいなのが見えてる。
芸が細かい。

で、ここんところのダンスが面白かったです。
トレンチコート着たビジネスマンがカクカク踊ってたりしてね。
都会の孤独。



*****



この日は、ズンコさんのファンだった友人と一緒で、始まる前から「麻央侑希、ズンコさんそっくりだよね」と盛り上がり、そんな関係で、麻央くんを注意してみることになりました。

押し出しはよいね。
体格いい(も少し絞った方がよいのか)。で、乗っかってる顔が可愛くて、このギャップがいいです。
これからの人だと思います。それなりのテクを身につけたら、存在感のある男役になると思います。
頑張って、出てきてほしいなあ。



あと、れみちゃん。
上手いよね―。ダンスいいよねー。だけど、あんまり上手いとセンターから外れてっちゃうしねー・・。
パレードの黒のドレスとファー(だったと思う)の帽子なんか、とても似合ってて、洒落たマダムでした。大人の雰囲気持ってる娘役は、最近は脇に行ってしまいますが、それは違うと思うんだけどね。



レオンの羽バサリ、またまた見られました。
友人がのけぞって喜んでた。
客席で場違いにキャーキャーしてるオバサン二人は、舞台からは目を引いたことでしょう。
あれは、嬉しくて興奮してたのです。



最後に。

この友人にとって「オーシャンズ」は、フランク・シナトラなんだそうです。

え? なにそれ?

フランク・シナトラがダニー・オーシャンで、ディーン・マーチン、サミー・デイビスJrなんていう大御所がその仲間だったそうで。シナトラ一家だから、歌っちゃうし。
軽妙で洒落た映画だったそうです。

えーーそんな映画があったんですか!?
知らなかった。

探してみようと思います。





あとは・・思い出したら、書きます。
お絵かき予定中。
[PR]
by ichigoshoto | 2012-02-03 09:00 | タカラヅカ