tontonのジュビレ日記

<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

結局魔法は解けたのか

・録画してほったらかしになってた、「ハウルの動く城」を観ました。面白かったです。仕事しないで観てしまった。
絵がきれいで、細かいところまで丁寧に描き込んであるので、見入ってしまいました。
主人公の女の子ソフィがさばさばしていて、おばあさんになってもメソメソしてなくて、自力で道を見つけていこうとする姿が好感もてました。
路地裏でハウルと出会う場面、ドキドキしますね。ハウルが謎めいていて素敵。
あれよあれよという間にハウルの世界に引っ張りこまれるソフィなんだけど、それも悪くないと思わせる。
で、最後は「愛はすべてを超越する」のお決まりのパターンでハッピーエンドでした。
スマートで能力はあるが、ちょっと臆病でわがままで子供っぽいところのある男性主人公を、大きな心で受け止めるヒロインの図、でしたね。
ハウルは「守るものが出来た」と言って闘いに出かけるけれど、結局、ソフィの愛に救われるのよね。
こういう風に女性に温かく包んで癒してほしいというのは、男性諸氏の願望なんでしょうか。
そして、そうする事に幸せを感じる女性も多いのでしょうか。
て、オバサンの感想だなあ。夢がないです。


・息子たちの髪型を見てると、最近の流行りは可愛い系ですか。
みんな、床屋なんか行かないんですよね。美容院。
で、一見ボサボサの無造作な形で、先っちょが筆の先みたいにバササっとなってる切り方。
小泉孝太郎くんがそのスタイルですね。
この前のサッカーワールドカップのころ(と言ってももう4年前)は、ネコも杓子もベッカムのモヒカン風、または、カチカチ、ピンピンというのばかりだったと思いますが、変わりましたね。
ずいぶん、優しい感じだ。こぎれいにしてるから悪くはないけど。
私は、「マイボス・マイヒーロー」に出てるKATUUNの何とかクンみたいな坊主頭が好きです。
彼のもほんとの坊主じゃないんでしょうけどね。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-07-31 14:28 | holiday主婦の日常

ふう~な毎日

1学期が終わって、マカセトケな顔してた割には、イマイチだったわね、君。
先生にもちょっとご注意いただきましてね。
でも、真顔でハイ、て言っちゃう人だから先生もつい、じゃ次に期待してますから、て言ってしまうのよね。
でも、今回は「何度も裏切られてますから、今度はほんとにね」という締めくくりが付いてました。
ま、頑張ります、と言ったのだから頑張ってください。母も期待してます。

と言うようなことはさておき、も一つ、ふう~・・それは不毛じゃないか、と言うことがありまして。
生産的に物事を捉えたいと思うけどね。

ま、それもさておき、昨日はやっと台所の窓にカーテンを付けた。
カフェカーテン、と言うのですよね、短い丈のひらひらっとしたヤツ。

この窓のすぐ外の裏の家との境目にインゲンが植えてあって、おばさんが朝収穫してらしたりするのだ。流しに向かう私とインゲンを摘むおばさんが、窓越しにご対面、になってしまうので、ちょっと目隠しをつけようかと思ったわけだ。別にいけないことしてるわけじゃないから、挨拶すればいいんだけどね。これが毎朝だとやっぱりメンドウになったりするでしょう。
で、つけたのですね。

作り方は簡単、幅110cmの生地を1メートル買ってきて、半分に切ってつなげ、幅広に折り曲げて縫って、突っ張り棒を通す。まっすぐ縫えば出来てしまう。
生地と突っ張り棒だけは買ってきてあったけど、なかなか暇がなくてですね・・暇は作るものだ、と、誰かが言ってましたね。

ついでに、窓枠を雑巾で拭く。
白いサッシなので、きれいにすると明るくなるのだ。
いつもきれいにしましょう。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-07-28 15:18 | holiday主婦の日常

この間の追加

「コパボツ絵」のついでに載せた(仕事中に描いた)落書きにモチ子さんが反応してくださったので(ありがとうございます)、これの元写真について。

「ドルチェ・ヴィータ」のフィナーレの大階段を後ろにして、歌い、踊るシーンですね。
ENAKの「湖月わたるSTAGE GRAPH特集」にあった写真です。
こんな表情してたっけ、と思いましたが(あとでDVD見て確認しよう)、わたさんのこのハードな表情がたまりませんね。

現物はここでは出せないので、以下のURLを参照してください。
http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/sumirestyle/2004/nov/kiji/chang-an/35.html
[PR]
by ichigoshoto | 2006-07-18 15:06 | holiday主婦の日常

コパのボツ絵など(ちょっと重いかも)

となみローラ。
トニーとのツーショットなんだけど、トニーが上手く描けなくて断念しました。
どうにやってもわたるにならない。神様が降りてこなかった。
ローラの方はよく描けたと思うんだけど。
d0037729_7175968.jpg



あすかコンチータ。
結構リキ入れて描きましたが、似てこなかった。
d0037729_719368.jpg



私などは素人なので、お絵かきの神様が降りてきてくれないと、上手くいかない。
神様が降りてくると、すんなりと出来上がる。
あちこち描きなおすようになると、ダメです。
デッサン力をつけないといけないんだろうなあ・・。


ついでにこれも。
職場でPC画面を見ながらボールペンで落書きしたヤツ(仕事しろ)。
オリジナルはもっと円い(笑)。

d0037729_7231974.jpg

[PR]
by ichigoshoto | 2006-07-10 07:29 | ほどほどジュビレ

7月になってしまった

今年は、びわが豊作のようですね。
うちの庭のびわの木がほんとに鈴なりになっていて、ホッホッホ、我が家の庭は栄養がいいんだわ、と喜んでいたら、どこの家も沢山生っている。
ああ、多分冬から春にかけての気候が良かったんですね。
ほったらかしにしているうちの庭が特別栄養状態がいいわけがない。

で、美味しい思いを沢山できて、ありがたいのだが、人間の心理って不思議なもんで、タダで食べ放題、となるとそんなに食べないのね。
スポンジシート敷いたパック入りのを1パック○百円、なんかで買ってきたりすると、ありがたがっていただく。何個か摘んだあとは、そのままだ。
放置しとくと、実は熟して落ちる。腐って、種が土に埋まる。そうすると、芽が出て葉がでて・・・ほっとくと、庭がびわ畑になってしまう。
それでは困るので、(仕方がなく)びわの実を採り、片付ける。食べられそうなのは除けておく。
そんなことしてたら、裏のオバサンがちょっとちょっと、と、塀越しにお呼びになる。
なんでしょうか・・・裏のボウボウの草をナントカしてください、とか言われるんだろうか。
日頃、きちんとしてればこういう心配はしなくてすむのよ。

しかし、違う用件だった。
庭で採れましたからと、両手にいっぱいのインゲンを下さった。
恐縮しながら受け取り、あ、じゃちょっと待っててください、と、今とったばかりのびわをババッと差し上げる。まあこんなに沢山、と喜んでくださった。良かった、良かった。

恐縮ついでに、裏の草もこれから片付けますから、なんて言っちゃったもんだから、びわだけやっつけようと思ってたのに、家の横から裏を回って玄関までぐるりと草刈りをする羽目になった。
草刈機がやってくれますから楽なわけなんだけど、それでも、どくだみとヒメジョオンの畑状態になってたから、結構時間がかかった。
いい運動になりました。
収量ゴミ袋8個分、回収率88%、てとこか。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-07-02 11:12 | holiday主婦の日常