tontonのジュビレ日記

<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

歌を満喫

オペラを観てきました。
いや、聞いてきた、というべきでしょうね。
演目は、モーツアルトの「魔笛」。

プラハ室内歌劇場がそっくり舞台ごと、引っ越してきた、てかんじだ。もちろん、本場でやるのとは、人数や装置の違いはあるんだろうが。
ソリスト、合唱、オーケストラ、指揮、全員、このシリーズのために来日した人たちだ。

で、序曲の出だし、ペットが合ってなくて、弦の音がクリアでなくて、なんじゃこりゃーと思ったんだが、しかし、ノリがいい。タ、タ、タ、タ、と弾むところなどから段々乗ってきて、尻上がりによくなった。なんでしょうかね。ちょっと寝ぼけまなこで始まったけど、目が覚めたらちゃんとできるよ、てことですか。

ソリスト皆さん、文句無く素晴らしい歌を聞かせてくれて、大満足だった。
夜の女王のアリア、きれいに高音が出ていて、良かった。夜の女王の役が付いた歌手は、ヨッシャーと気合が入るんだろうな、などと思ったりする。
タミーノやった人、品のある演技で好感が持てました。
私は、モノスタトスやった人の声が好みだったな。なかなか長身でカッコいいんだけど、ガン黒なので、双眼鏡で覗いてもどんな顔つきか分からなかった。
パパゲーノをやった人が芝居っけがあって、楽しかった。パパゲーナの細身の身軽な人も良かった。この二人で、舞台の印象が随分変わるから、大事な役どころだ。

しかしね、伝統というのか、生息している世界の違いというのか、ちょっとでてきて、ひとこと二言しゃべるだけとか、ちょっと掛け合いで歌うだけとか、そういう脇の人の中に、とてもいい声を響かせる人がいたりして、合唱のところも、いい声が聞こえてきたりして、あーこりゃ凄いもんだなと思ったのだった。


「魔笛」って、遊び心がいっぱいで、華やかなところとちょっとおどろおどろしいところがあって、冒険譚的なところもあって面白いんだが、やっぱりオペラは地味だ(笑)、と思った。
タカラヅカやOSKで思い切り派手にやってほしいですけどね、やったことあったっけ、と思いましたが、ないですよね。ぴったりの素材だと思うんだけどね。
さらわれた王女と彼女を救出に行く王子、二人が出会う試練とその試練を克服した後の幸福、なんて、ぴったりじゃないだろうか。それに、鳥と人間の合いの子みたいなパパゲーノ、華やかな夜の女王、アラブだかエジプトだか分からないような謎に満ちた僧侶、と、仕込み甲斐のあるネタが満載だと思うんだけど、何で今までやってないんだろう。
キムシンには頼みたくないが(変なことになりそうで)、だれかやってくれないですかね。

あー、はやみさんが挑戦してくださったら、また、こりゃ面白いもんができると思う。
初瀬みきのタミーノなんて、ハマリすぎでワクワクしちゃいますねー。

今日はオペラの話だからこっちに書き始めましたが、行き着くところはここでしたね。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-06-17 20:13 | holiday主婦の日常

季節は夏へ

壁紙(スキンて言うの?)を変えて、ちょっと気分を変えてみました。
「モンドリアン」だそうです・・ふ~ん。そうなんだ。
でも、こういうモダンアートの枠の中に、カメの写真なんか入れてもどうでしょうか、と思いますけど、まーシュールでいいかも、とか思ってます。
しばらくこれでいってみよう。

ところで、この間、片付けてて、始末に困ったのが、「歌劇せんべい」の空き缶。
私の第二次ヅカ狂い時代の最初のころから、トップが交代すると買ってるんですよね。
トップお披露目の公演に行った時は、必ずニューバージョンの「歌劇せんべい」を買ってくる。なんというかね、最初は珍しくて買ってたんだけど、いつからか、トップ就任のご祝儀みたいな感じになって、私にとってはお披露目トップ缶を買い求めるのは儀式になりました。
律儀に買っているので、随分、集まりましたよ。

退団した人のも増えた。
チャーリー、ブンちゃん、タータン、リカちゃん、サエちゃん。懐かしいね。
現トップももちろん、全種類(笑)。
なぜか、わたるのは2個ある。
昨年、ムラに行った時に、東宝劇場では売ってない長細いトドさまバージョン(缶が、である。もちろん。トドちゃんも長細いと言えばそうだけど)を見つけ、狂気乱舞して、買ってきたのだった。

今年は、タカハナ、わたる、コムちゃんが卒業して、冬の宙組公演から新しい缶がならぶんでしょう。きっとまた買うでしょう。宙組版は、かしげちゃんで決まりだけど、星、雪は誰のお写真が飾られるんでしょうかね。

てさ。
感傷に浸ってる場合じゃないの。
この溜まっちゃった缶からをどうするか、なのですよ。
結構場所をとるんですよ、これが。
しかし、「缶・ビン回収日」に出すなんてむごい事はできない。

で、並べて悩んでるわけ。

d0037729_22323363.jpg

歌劇せんべいの缶。リカ缶、タータン缶、タカハナ缶、トド缶は出張中。
リカちゃん缶は私の溜まった小銭入れに、タータン缶は夫の貯金箱、タカハナ缶は息子の小遣い入れになっている。ちょうどいいのですよ、大きさ、深さが。
他に入れるもんがないんでしょうか。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-06-12 22:36 | holiday主婦の日常

があああ

今日は、腹が立った。腹が立ったが、あんまり馬鹿らしくて笑えてきた。
大人げない上司。ええカッコしいの上司。結果、かっこ悪いことになってる。
しかし、自分は寛大な大人だと思っている。もっとかっこ悪い。

何でこんなことに時間をかけなくちゃいけないのよ、というようなことに半日費やし、おまけに帰り際に別件が入り、ヘタに疲れた日は、美味いもん食べて、おなかを満足させるに限る。

で、ひとり帰っていた息子相手にうな丼食べながらグチグチ言って、腹の虫を治めましたとさ。

かあちゃんのグチ聞いてくれて、ありがとよ。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-06-09 20:58 | holiday主婦の日常

梅雨になる前に

家の中をいろいろ片付けていて、大量のゴミをまとめ、あれをあっちにこれをこっちに、なんてやっております。

ものを捨てる、て行為はかなりストレス解消になる。
ひとりの人間が一生の間にできることの量って決まってるから、自分の時間内に関係してこないものは置いといても無駄になるだけだ。とっといても使わないものは使わないのだから、早目に処分―捨てるとか、人にあげるとか、しなくちゃダメだな、と思う。そのうち出番があるかも、とか、いつか必要な時がくるかも、という考えは捨てたほうがいい。

で、リビングに置いてあった自分のPCを、思い切って台所に持ってきた。
(今も台所で、洗濯機を回しながら書いてます)
これが意外と便利。動きやすい。
私って、やっぱり主婦なんだわ。ふんふ~ん。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-06-08 07:50 | holiday主婦の日常

悲しい

ビリー・プレストンが亡くなった。
私にとっては、レット・イット・ビーでキイボードをやってた人だ。
「何でもOKよ、楽しくやろうぜ、お兄ちゃん」という感じで、いつも穏やかな笑顔で映っていたのを思い出す。
あのころ、ビートルズの4人はまるでばらばらで、ポールが一生懸命まとめようとしてたけど、それぞれが違う方向を向いていて、結局ダメだった。
そういう寒い風が吹いている中にいて、ビリーの周りの空気はあったかい感じがした。

ひとりずついなくなっていくなあ。
寂しいなあ。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-06-07 20:05 | holiday主婦の日常

毎日いろいろあるんだが

森山開次くん@「からだであそぼ」、ますます面白い。
今日は、ヘリコプターで、風が吹く様子を、ぐにゃぐにゃ、ひょろひょろ。
ほんとに、柳の枝が風に吹かれてゆれてるみたいだ。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-06-05 15:11 | holiday主婦の日常