tontonのジュビレ日記

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

春めいてきて その2

今夜は、アサリの酒蒸しを作った。
う~ん、春の味だねえ・・・。

しかし。

息子のひとり「オレ、あんまり好きじゃないんだ。ちょっと苦いじゃん」
そのほんのりとした苦味がいいのじゃないの。

もひとり(1個口に入れ、しばらく味わって)
「んんん・・・微妙。まずくはないけど、美味いとも思わないなあ」

嗚呼。
なにをかいわんや。
私は何を食べさせてきたのだろうかと、しばし考えた夜であった。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-03-30 19:39 | holiday主婦の日常

春めいてきて

わけぎが並んでいたので、買ってきました。

わけぎといえば、ぬたですわね。

ですから、夕飯の時に、わけぎのぬたを出したわけです。
う~ん・・・この甘酸っぱさがいいわねえ。
春だわねえ・・・。

息子のひとり「なにこれ?・・・すっぱいよ」
え。酢味噌和えなんだから。すっぱいのよ。

もひとり「なんか、味がしつこいよ。普通のポン酢のほうがおいしいと思うな」

・・・・・。

なにをかいわんや。
ぬたを作ったことが無かったわけじゃないが、食べることがすくなかったかなあ。
我が家のこれまでの食生活について、しばし考えた夜であった。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-03-27 22:14 | holiday主婦の日常

牛乳が余っちゃって

息子1が出かけることが多くて、牛乳の消費量が、ガクッと落ちた。
じゃ、買う量を減らせばいいでしょ。
なんだけど、生協で毎週まとめて買ってるんですよ。
前の週に次の週の分を注文出すから、余っちゃってしょうがない時があるわけ。

先週から、この「余っちゃってしょうがない」状態。
で、この牛乳を何とかしなくちゃいけない。
みんな、どんどん飲みましょう。
しかし、私も夫もこの歳になると、マイティーハーキュリーみたいにガブガブ飲めません。

で、料理に、お菓子に、使いまくった。
昨日はグラタン。美味しかったけど、ちょっとしつこい。毎日、というわけには行かないなあ。

デザートは毎日。ミルクゼリー、プリン。
一度に1パック(つまり1リットル)使うから、山ほどできる。
プリン食べ放題というのも嬉しいもんだが、毎日となると、ちょっと飽きる。

まあ、甘いものだと息子たちがチョコチョコ食べてくれて、いつの間にか無くなるので、効率が良い。
どうやらこうやら、沢山あった1リットルパックが減ってきた。
ふ~~。来週は注文もっと少なくするぞ。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-03-24 20:14 | holiday主婦の日常

今日は超シリアス

もう3月だ。寒い、寒い、と思っているうちに、灯油はまだ大丈夫だろうか、とか心配しているうちに、冬はきゅうりやトマトはおいしくないからサラダは当分しない、などと思っているうちに、3月になった。春はそこまで来ている・・・か。

日記を更新しない間にも、私の身辺では色々なことがあって、私自身というよりは家族のそれぞれにいろいろあったわけで。

で、それぞれの当事者はまあ、心の中では大変なショックを受けたり、我慢のしどころだったり、これからに向けて心構えをしなくちゃいけなかったり、のところにあって、それぞれ「天にも昇る気持ち」ではないのだろう。
私は家族であるから当然本人の気持ちを考えて心配したり緊張したりはするのだが、しかし、私が彼らの代わりをすることはできない。それぞれのハードルなり障害物なりを乗り越えていくのは本人なのだ。それは本人がエネルギーを出すことでしか克服できないのだ。
だから、私は傍観者。
傍観者と言うのも辛いもので、「こうなったらこうなるのは必至」と言うのを言いたかったり、で、言ってみたりもするけれど、当事者にはそれが理解し難かったり、またしようともしなかったり、で、歯がゆい思いをしたりするのだ。
それは仕方がないことだ。
私も多分、周りの人にそういう思いをさせながらやってきたのだろう。
先人のアドヴァイスを皆がきちんと聞いてそのとおりにやってきたら、もっといい世の中になっているだろうと思う。

経験こそが先生、である。
だから、今は見守るしかない。「見守ること」が今の私の仕事である。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-03-03 13:21 | holiday主婦の日常