tontonのジュビレ日記

<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

君たちに任せるよ

・商店街の喫茶店の前に、青白く、ピカピカと瞬いているはりがねのペンギン。
小学生と思しき男の子がそれを見て、「お、ダイオード!」
ぎくっ。青色発光ダイオードを君は知っているのか。


・ガンダムSEED DESTINY。
頑張って見てるけど、登場人物が多くて、それも若者ばかりで、混乱する。
MSの戦闘シーンは、どっちがどっちだかわからなくなる。昔は、ガンダムがこっち側で、ザクが敵と決まっていたのに。というか、敵‐味方、あるいは、良いもん‐悪もん、という簡単な構図じゃなくて、複雑な人間関係があるのだ。国と国(星と星?)の関係も複雑。ナチュラルとコーディネーターの対立という構図はあるが。
昔のような単純な勧善懲悪の構造でない。
これを全部理解している息子が大人に見えるよ。


・職場に来る若者たち、いわゆるサラリーマンという立場にない子が何人もいる。その予備軍ともいえる子達も。でも、彼らの生き方を見てると、単純に「フリーター」「ニート」とくくって、おちこぼれと決め付けられないものがある。
飄々と風になびいているようで、実は着実に自分の道を見つけつつある子もいるし、企業戦士が生き抜くためになくしてしまった、心の温もりを持っている子もいて、はっとさせられたりする。
経済優先、効率優先できて、破綻が見えてきた今の地球がこれから進む道は、実はこういう子達の盆をひっくり返すような発想の転換によって作られていくのじゃないか。

なんだかんだ言って、君たちの時代がきているのかもしれないね。
大人たちは、あーだこーだ言ってないで、任せてみたらどうだろうか、と思ったりする。
[PR]
by ichigoshoto | 2005-11-22 20:16 | holiday主婦の日常

なんて手がかかるの

いや、息子のことじゃなくて。
息子も、もちろん手がかかりますが。

たまごっちのことである。
なんで私がたまごっちなんかやってるのか?

先日、職場でバザーがあって、どっかの子供が忘れていった。
届けられたたまごっち、まだ成長中だったので、持ち主が現れるまでちょっと面倒見てあげようかと思ったのだ。

で。
その子はすぐ天国に召された。
卵をかえして次の子を育てるが、又すぐ死ぬ。
ぴぴぴ、と呼ぶので、そのたびにいろいろ相手してやってるのに。
いつの間にか力尽きてるのよ。なんでかなー。

この10日間あまりで、3匹が生まれ、短い一生を終えていった。

以下は、わが「タマメモリアル」である。天国で幸せになっておくれ。

つらおせ。 5才、たまごっちかぜによる。
ひにちえ。 3才、えいようふそくによる。
はなちう。 4才、たまごっちかぜによる。

訂正しようと思うと決定になってしまって、みんなこんな名前。

今は、「えりらへ」というのを、育てている。
初めての女の子。
かあさん、頑張るから、もちょっと大きくなったちょうだいよ。
[PR]
by ichigoshoto | 2005-11-18 22:08 | holiday主婦の日常

芸術鑑賞会:演目解明を試みる

昨日の続き。

でさ、お芝居だけで、説明とか解説とか無かったの?
「うん」

どんなお芝居だったの? 恋愛もの?(シェイクスピアは大部分が恋愛ものだが)
「うん」

どんな話?
「う~ん・・・」
(説明できないような話か。質問を変えよう)

衣装は? どんなのだった?
「スーツだった」
(え? てことは、現代に翻案してあった、ということか・・・)

疲れたので、これ以上不毛な問答を続けるのはやめにした。
結局、何を見たのか。
[PR]
by ichigoshoto | 2005-11-16 23:30 | holiday主婦の日常

もにょもにょと

・仕事帰りに本屋に寄った。後姿が息子によく似てる男の子がいた。
そっくりのかっこしてるので。
上から下まで、だぼー、ずるー、でれー・・・。
え、息子か? と思っちゃったわよ。
横に回って確かめてしまった。



・今日は、もひとりの息子の高校の「芸術鑑賞会」。

行く前:
何やるの?
「知らない」

帰ってきて:
何観て来たの?
「なんか、シェークスピアがなんとか、って言うのだった」
なんていう題?
「忘れた」
なんていう劇団がやったの?
「知らない」
プログラムはもらわなかったの?
「ない」

・・・・・。
先生、事前に説明して、プログラムも配布してくれると、このイベントももっと効果が出るかと思うんですけど。

でも、「なんか、面白かった」という感想が聞けたので、まるで無駄というわけではなかったようだ。
[PR]
by ichigoshoto | 2005-11-15 22:14 | holiday主婦の日常

またカレンダー

もう11月ですね。
早いもんだなー。

で、またカレンダー、作りました。
広告だかTVだか忘れましたが、子供の顔の写真がずらっと並んでる、そういう写真を見て、ああこういうの、作ったら面白いかも、と思って、気に入った絵を選んで作ってみました。

お絵かき帳に載せた絵をそのまま使って、トリミングすれば簡単と思ってたら、ところがどっこいで、解像度が良くなかったりして気に入らず、結局元の絵から処理することになってしまった。
大して変わりゃしないのに、あーでもない、こーでもない、と、試行錯誤です。
こういうのやってると、時間をわすれるんだよね。楽しい。

こんなんができた。半年分が1まい。
自己満足の世界です。
d0037729_19515328.jpg



***
さて、もしかして私も欲しいと思われる方、いらっしゃいますかね。
年末特別キャンペーンということで、プレゼントしちゃおうかと思います。
カレンダーご希望の方は、tontonまでメールをください。
先着10名様に1枚ずつ差し上げます。大きさはA4版です。本物はもっとはっきりしてます。でもまあ、うちのプリンターでの印刷ですから、出来上がりはそれなりと思ってください。
(メールアドレスは、本家にあります)
***
7月から12月のは、まだできてませんので、ありません。
そのうち作る予定。
***
[PR]
by ichigoshoto | 2005-11-01 20:09 | holiday主婦の日常