tontonのジュビレ日記

カテゴリ:ほどほどジュビレ( 18 )

近況報告~OSK~ベルばらまで

ご無沙汰いたしました。お久しぶりでございます。

タカラヅカは、とりあえす全公演いちおうは観てます。
が、なんか、テンションあがらない公演が多いので、これは言いたい! という気分にならず、ブログ書かなかったり。



****


あーそうそう。

OSK日本歌劇団の日生劇場公演も、観ました。

これは、よかった。
とても、よかった。

特に、二部。
演出の名倉加代子に拍手!
というか、名倉先生は、OSKに対してやってほしいこと、OSKで観たいもの、私とほとんど重なり、
これが観たかった! これよ!
でございました。
で、東京方面の観客にはこれがヒットだったようで、楽日は完売!!!!

フィナーレでの羽根なし階段おりの大英断。
豪華絢爛のタカラヅカと同じことをしなくても十分魅了できると思っていたので、溜飲を下げました。
これはぜひ継続してください。

OSKディープなファンの間では、ロケットのすごさがちと足らん、ということのようでしたが、私としてはあれで十分です。十分、キチンと、キリッっと完成度の高いもんができている。

ジャズダンス、コンテンポラリー、タンゴなど、レベルの高い内容を出せるから、ロケットをウリにする必要はないでしょうと思います。
ま、以前のすごいのを知ってる人にとっては、それでももっと、と思われるんでしょうけど。
できたらお願いしますの程度かな。

日本物については、美しく優雅な中に、キリリッの要素が芯に感じられて、良かったです。
特にヒットは、「ステーションでの別れ」のシーンかな(タイトル勝手につけてます)。
ずっと以前に、紫吹淳がトップだった時の公演に似たようなシーンがあったなあ、と思い出しながら観てましたけど、違う印象で。
なんといっても、タカセ書生が素敵すぎます。胸キュンもの。

あとね、連獅子。
圧巻でした。
このあと、洋物でガンガン踊らなきゃいけないのに、体力大丈夫か、と思いましたけど、OSKにその心配はしてはいけない、と、友人に言われそうですね。



****



で、ベルばらですが。

まず、月組。


リアルタイムで、週刊マーガレットを毎週楽しみにオスカルの人生とともに青春時代を駆け抜けた元少女としましては、タカラヅカの「ベルばら」は「ベルサイユのばら」ではないのです。

が、これはこれで、(突っ込みどころも含めて)楽しめる要素をたくさん含んでおりますので、楽しんで観ております。


オープニング、華やかでよろしい。あんなにキャピキャピする必要はないと思いますが。
 衣装も豪華できっちりと作ってあってよい。これがあるから、たくさんの人が「ベルばらやるの? 見たいわ~」となるんである。今後、財政的に大変なことがあってもけしてこのレベルを下げてはならないと思う。


で、この日は、オスカル龍真咲&アンドレ明日海りおでした。

オスカルのマサオくん。
うーーーん、この役作りは・・?
ところどころ、女性らしさを出そうとするんだろうが、やけに、なよっとしちゃうのね。

オスカルは、女性らしいしぐさとか物言いとかは、完全に投げ捨ててる女性。として描かれていないと、オスカルではないのでですね。だから、それを体現している舞台上は男性である男役と、舞台上は女性であるオスカルと、どう違いを出すかが非常に難しいところなんだけど、マサオくんのアプローチは、明らかに違うんだよね。

で、この演出、衛兵隊の仲間の前で、土下座するアンドレ、とか、オスカルが息絶えたときのロザリーのここぞとばかりの雄たけび(としか聞こえない)とか、最後のクレーン車登場、とか、ありゃりゃー・・・な演出が散見して、ちょっと感情移入とはいきませんでした。

ワがセノキミ(ちげーよ)の越乃リュウさまが、ブイエ将軍だしさ・・・(ぶーぶー)。



****



さて、雪組「ベルばら」

フェルゼン編でございます。

こっちは、面白かったです。

演出に赤面するようなところがなかったのと、役者がみなレベルが高いのが、ポイント高くなった要因でもありますが。

荘一帆が、恋する貴族フェルゼンをよく体現していました。
歌で伝わることが多くて、歌がうまい、というより、感情を載せるのがうまい。
あちこちわたり歩いて、いろいろ経験して、自分の中に蓄えてきたんだなーと思いました。
スタイルを重んじながら、時に、感情の発露をきちんと見せてこちらの心の中に迫ってくる、というのは、さすがでした。

愛加あゆちゃんも、よくやってました。
なんか、出番が少なかったけど、若い彼女の負担を少なくしようという配慮か。

牢獄の場面の別れがつらく悲しく、そのおかげで、フィナーレで、赤いスーツの荘さんが舞台中央で待ってるところへ、赤いドレスのあゆっちが出てきたとき、あー会えてよかったね、と、思ってしまった。


オスカルは早霧せいなでしたが、わたしの中のオスカル像に一番近かったかな。

「諸君! 市民に銃を向けるか、この偉業に参加するか、選びたまえ!」(こんな内容)
のシーン、アランたちの隊長についていきます、との宣言を聞いて、

(こぶしを握り)ガッツポーズ!

あひゃ、かわいい。

ガッツポーズのオスカルは初めてかも。 こういう現代的な演技を入れてくるとは、ちょっと、おもしろいことになったぞ、と思いました。

くれぐれも、劇団および植Jiiさま、「ベルばら」の伝統を崩すこと、まかりならぬ、などと、わけわかんないこと言わないでくださいませ。

早霧くんのオスカルは、わたしの思うオスカルに近かったわけですけど、極力女性らし(く見えるしぐ)さを排していて、じゃ、女性であることをどこで見せたか、というと、

「しゃくりあげるオスカル」ですかね。

感情が昂ぶるところ―アンドレが死んで、「行こおおおおうッ!」となる流れのところとか、自身が撃たれて、「アンドレ、お前はもういないのか」と嘆くところとか、ですね。

ちょこっとしゃくりあげる。
思わず、自分がでてしまう、という感じね。
うまいこと考えたなと思いました。

ちなみに、原作では、オスカルが女性らしい感情を無防備に出す場面は、唯一、アンドレが死ぬシーンで、アンドレがかすかな息の中で「・・・水・・・」と言い、水を持って走ってくるオスカルの表情が、そうなんですが(マンガでありながら、カタルシスを表現した池田先生の画術が秀逸)。


今日は、こんなところで、
[PR]
by ichigoshoto | 2013-07-05 09:00 | ほどほどジュビレ

あけましておめでとうございます


d0037729_8131175.jpg




あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


とは言いましてもね。


宙組、雪組、とうとう年内にアップできず、ずるずると年があけてしまいまして、テンション低いことこのうえなし、なんですが。(どっかで書こうとはおもってますが)

今年もこんなかんじでいくんでしょうねと思います。

あまりバリっとしたごあいさつになっておりませんが、お付き合いいただける方、よろしくお願いいたします。



*****


今年は、ベルばらをやりますね。
これは、懐かしのわたとうこのフェルゼンとアンドレの場面(舞台でこんなシーンはありません)
[PR]
by ichigoshoto | 2013-01-01 09:00 | ほどほどジュビレ

1年の計

d0037729_9244583.jpg




あけましておめでとうございます。


本年もよろしく・・・・と言いたいところですが、

なんと! 

昨年の9月から更新滞り、大したこと書いてないし、う~っむ・・・この際、閉鎖するか。
と思いましたが、こんなサイトでも毎日なにがしかの方が訪れてくださっているのでありまして、 "0" になったらやめようかと思っておりましたが、無駄足を踏みつつそれでもここをクリックしてくださる方々がありがたく、且つ申し訳なく、もう少し続けてみようかと思っている次第です。



これからは男役の話ばかりじゃなくて、いろんな話も登場するかも?



こんなあいさつ(1年の計なんてどこにあるんじゃい)では、ちっともタイトルに合ってませんが、

とりあえず

お付き合いいただける方、よろしくお願いいたします。
[PR]
by ichigoshoto | 2012-01-01 00:00 | ほどほどジュビレ

本家終了のお知らせ

ご無沙汰しております。
更新が滞って久しく、訪れる方もだんだん減ってきておりますが。

一応、お知らせしておきます。

本家 「MY DAYS OF JUBILATION」 は、2010年10月31日(日)で、インフォシークさんの無料ホームページサービスが終了となるため、消滅いたします。

有料のほうはあるんですが・・・あれにお金を出すのはちょっと・・・。

と思いながら、お絵かき帳や わたるアルバムは、どうするかなー。
旧ジュビレ日記もcgiでアップしてるし。
過去のものですが、作り手としては少なからず思いいれもあったりしますのでね。
こちらのブログに少しずつ取り込んでいきましょうか。なんて思ってます。
でも、あちこちのブログサービスが終了になったりしてるのを見ると、ここもいつまであるかなあ。

誰もが好きに使える無料の時代は終わった、てことでしょうか。


とりあえず、ブックマークをされてる方、10月の末であちらは消えますので、ご承知おきくださいませ。


こちらのブログはまだしばらく続けようと思いますので、お付き合いしようというご奇特な方、よろしくお願いいたします。
(更新しようぜ)






 
[PR]
by ichigoshoto | 2010-09-24 11:12 | ほどほどジュビレ

本家が・・

あ・れ・・・?

本家 MY DAYS OF JUBILATION が、おかしなことになってます。
なにもいじってないんですが。
ほったらかしではありますが、やめたわけではないんだけど。

ちょっと、あせりますなあ・・・。

先日から広告入りになっちゃったんですが、関係あるのかないのか。

放置天罰か。

何とかしますので。
というか、もっと更新しろですね。

う~ん・・・。


***


数分後。

アクセス解析をはずしたら、いとも簡単に元に戻りました。
なんかわからないけど、直りました(・・)ノ

そろそろ模様替えの時期と思います。ハイ。
[PR]
by ichigoshoto | 2010-02-15 21:58 | ほどほどジュビレ

賀正

d0037729_12361095.jpg


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


年末に2009年のまとめをしようと思っていましたが、それもかなわず年が明けてしまいました。
時間がゆるせば出そうと思ってます。


***


大浦みずきの他界はショックでした。

タカラヅカに入る時に医者から条件付きだったということだから、なにかを抱えての活動だったんだろうか、ミュージカルやらダンスやらあちこちで大活躍だったから、無理をしていたのかなあなどと思ったりもする。

一昨年だったと思うが、湘南方面で活動しているシャンソン歌手の小さなレストランでの定期ライブにゲストとして出演したことがあって、近場でのことだったので出かけて行った。
50人も入ったらいっぱいになってしまうような部屋(ホールなんかでなくて、部屋)の一角に、ギターとベースとキーボードがあって、出演者はそのシャンソン歌手となつめさんだけ。
大スターのなつめさんが、こんな少人数相手に歌っている。なつめさんはそのライブのゆるい雰囲気に溶け込んでいて、居心地よく楽しんでいて、歌手も演奏者もみな互いに呼応して、温かい空気に包まれていた。「ベルばら」ボサノバ風アレンジバージョンも登場し、なつめファンへのサービスもあって、たいへん楽しかった。
なつめさんの気取らない温かいお人柄を感じたライブだった。

GIGEITEN公演は1回目と2回目を観て、まだまだ続くわよ、ということだったので、楽しみにしていたのに、これがもう観られないというのは、残念だ。
個人的に同年代ということから元気ももらって、素敵に年をとっていくなつめさんを見て自分も頑張ろうなどと、おこがましいことながら思っていた。



ご冥福をお祈りします。



***



今日の絵は、久しぶりのお絵かきです。

これ、誰?



・・・・・・・。



タムドク (^^)b

柚希を描いたつもりなんだけど、出来上がったらまとぶんのようにもマミさんのようにも見える。
(マミさんで解らない方、ヘキサゴンなんかに良く出てる、あのOGです)


こんな感じですけど、今年もよろしく♪
[PR]
by ichigoshoto | 2010-01-04 12:54 | ほどほどジュビレ

追悼


なつめさんが亡くなった。
モニターを見つめしばし放心した。
1月には次のGIGEITEN公演も決まっていて、それには声の出演とのことだったが、その次は元気な姿が見られるかなあと思っていたのに・・。

男役現役のころのビデオを見ていてフレッド・アステアの雰囲気だなあと思っていたら、アステアに憧れていたんだとか。
天国でアステアと心ゆくまでダンス談義してください。



d0037729_11463917.jpg


これはうんと以前に描いたなつめさん。
髪を盛り上げないでぴたっと押さえつけていたところがアステア風味だったんだなあ。
[PR]
by ichigoshoto | 2009-11-22 11:51 | ほどほどジュビレ

凄いダンスを見ちゃった

BS-hi のウイークエンドシアターの3月は、バレエ特集だったんですね。
意識していなかったので、偶然見つけて最後の2週分を見ることができました。

シルヴィ・ギエムの「ボレロ」。期待が大きすぎたのかな。乗れませんでした。
そそられないんですね。周囲で踊っている男性ダンサーのしょうゆ顔が気になったりして。
バレエを専門にしている友人は「ベジャール大好きなんですけどね。私もあんまり・・」「やっぱり、私にとってはボレロはジョルジュ・ドンです」。
しょうゆ顔とか付随的なことに気を取られるということは、ダンスそのものに集中できていないということなんで、周囲のダンサーはひとりひとりが見えるのでなく、ひとつの大きなうねりのように見えないといけないんだそうです。
・・・ふ~ん、そうなんだ。

先日放送の、モナコのモンテカルロバレエ団とパリ・オペラ座バレエ団のほうは、凄い! 面白い! のひとことでした。ダンサーの美しさと技術の高さと表現の豊かさに大変そそられました(笑)。
モナコのほうは「真夏の夜の夢」を下敷きにしたもので、パリのほうは「椿姫」でした。
こっちの振付は「夢」のほうがジャン・ジャック・マイヨー、「椿姫」がノイマイヤー。クラシックバレエが基本なんだけど、とても面白い動きをします。でも美しい。
管能美を芸術にまで昇華しているのが凄いです。日本人にはできないなあなどと思ってしまったり。

例のバレエの友人は日本人はやっぱりシャイな部分があるのでね、と言っていた。

このモンテカルロとパリオペラ座。このバレエはナマで観たいなと思います。
でも、家族からそれ以上手を広げないほうが・・と言われそうだ。
[PR]
by ichigoshoto | 2009-03-23 14:54 | ほどほどジュビレ

「わたさん」が浸み込んでるPC

生化学関連の翻訳やってるんですけど、
核酸の塩基配列用語で、codon という言葉があるんですね。
翻訳すると、まんまで「コドン」となります。

最近、これを入力すると、

湖ドン

と出るんですね。

どれだけ、「こづき」→「湖月」と入力してるか、ということなわけで。
「湖」という文字を見るだけで、ハッとしつつ、温かい気分になるオバサンでした。
[PR]
by ichigoshoto | 2008-02-17 01:48 | ほどほどジュビレ

しつこくアレックス

荻田くんの発想は面白いと思うんですよ。
で、ひとつの言葉で二重の意味を伝えよう、てのが、お主なかなかやるな、の領域で。

たださ。
A‐”R”ex って、あちらの人が読んだら、「アレックス」にはならないでしょ。
たぶん、「エイレックス」になると思うんだよね。

やっぱり、日本語英語だなあ。

だからなんだ、ですが。
あんまり、こういうのに引っかかってあれこれ言うのはよくないと思うんですけど。

スペイン語で、ぺらぺらやられても私にとってはぜんぜんわからないから、無問題ですしね。

でも、英語って一応みんな学校で習ってるんですから、分かる人の比率は、スペイン語よりはるかに多いと思うんですよね。

だからさ、今回のことはまー間違いとかって言うのじゃないから別ですけど、今後あんまりベタなミスはしないでほしいね、ということです。
ちょっと知ってる人に見せてみるとかさ。

あー今度の「WILDe BEAUTY」は、問題ないですよ。
オスカー・ワイルドのWildeと、野生的なという意味のwildを、引っ掛けたというところで。
で、ワイルドが美しいというのと、野生美というのと両方の意味を持たせている。
ワイルドが野生美だったんか、というと、それは分からないですけど。
舞台を観てのお楽しみ、てとこでしょうか。


*アレックスについて、話のつながりが分からない方は、本家のジュビレ日記の「A‐”R”ex」についての日記を読んでください。たいしたこと言ってるわけじゃないですが。
[PR]
by ichigoshoto | 2008-02-15 12:58 | ほどほどジュビレ