tontonのジュビレ日記

星組 「My dear New Orleans」 その1

4月3日昼公演@東京宝塚劇場。

キング牧師の"I have a dream"が、たかだか45年前のことである。黒人が白人と同じ権利を獲得したのは、私が生まれるずっと前のことではなくて、ついこの間であったのだなあ。

海を隔てたこちらの国で、あちらの問題を中心に据えて芝居を演じる。演るほうも観るほうも想像するしかない世界だ(そうでない人が100%いないとはいえないが)。

こりゃ絵空事になりはしないか。そのとおり。日本で外国を演じる時、日本人が白人や黒人を演じる時、しばしばうそっぽい感じに陥り、演じられているドラマが絵空事に見える時がある。タカラヅカに限らず、というより、タカラヅカ以外の舞台でそう感じることは多い。

しかしだ。

星組諸君の演じる「差別される黒人」「1滴でも黒人の血が混じると差別されるクレオール」に共感し、涙が流れた。安蘭けい扮するジョイと、遠野あすか扮するルルの悲恋に泣き、愛する妻を救うために法を犯す夏乃聖夏扮するゲイブに泣いた。
創造の場でのリアリティ。そして、男役としてのリアリティを追求してきた安蘭けいを頂点として、星組が一丸となって創りあげた舞台は、そのまま退団者へのオマージュとなっているのだ。余計に泣ける。


というわけで、最後の舞台を感動させてくれて、(とうこちゃんじゃなくても)ありがとう、なんですが、
植田女史のストーリーに大きな破綻が無かったのがよかったですね。気持ちが乗ってるところで水を差されることがなかった。類型的ではあるけれど、どの人物の行動にも必然の可能性を持たせた。あまり複雑だったり微妙だったりな心理描写も無かったのがよかったかな。みなさん、割とストレートに演じてたと思います。

ルルがサンフランシスコに旅立つところ。ここのあすかちゃんは難しかったと思います。彼女は、弟レニー(柚希礼音)を助けてもらったので、どうしてもムッシュー(立樹遥)と一緒にシスコにいかなくちゃならなかった。ジョイと一緒に行きたいけど行けない。けど、ジョイには「ちょっと出かけてくるわ」と言う。辛い。痛い。泣けました。
で、ここのルルの行動は必然なんですね。これしかない。ドラマにリアリティを持たせるには、この必然が必要なんで。植田女史は、今までこういうところで甘さが出てましたが、今回よくやりました。

強いて難をいうと、ジョイとルルの別れのシーンのあとの、レニーが部屋に来てジョイに告げるシーンはちょっと蛇足だったかな。説明的になってしまった。安蘭と遠野という巧者が演じるのだから、ふたりの気持ちは十分伝わる。二人を信じて端折ったほうがスマートだった。
ルルとレニーの姉弟の場面は別立てにすればよい。

それにしても、安蘭けいと遠野あすか。
泣かされましたよ。なんて素敵な恋人たち。
10年前のある事件が接点というだけの知り合い(実もフタもない言い方)で、その時に互いの心に互いが何かを残した。それが今に継続していて、恋に発展する。いや、10年前にもう恋が芽生えていたのだ。
それが自然に感じられる。
こういうのってね、出てきたふたりがくっつくといいなと思わせなくてはいけないので、そう思わせたら、くっつくまでのエピソードなんかすっ飛ばしたっていいわけで、そういう点で、脚本の不足が演者によって相当助けられた。
だから、それにしても安蘭けいと遠野あすか。と、うならされたわけ。

続く。
[PR]
by ichigoshoto | 2009-04-05 00:20 | タカラヅカ