tontonのジュビレ日記

変革の予感

同窓会の役員になった。なったというよりなってしまった。
なんにんもの人から電話があり、同期から福会長を出さないといけない、誰もいないのよ・・・と。
半分、泣きが入る人もいた。
1ヶ月に1回の例会と1年に数回のなんたらの会合、それからバザーのお手伝いくらいだと言う。
仕事があるんよ、と言うと、あなたが出られない日は連絡ちょうだい! と熱心におっしゃる。
こんなのは今だけの約束と知りながら、まあ1ヶ月に1回くらいなら出られるか、と引き受けた。
引き受けてしまった。

嗚呼恐るべし、同期からの電話。
勧誘よりもオレオレよりも怖い。


でまあ、4月の総会で本決まりだが、その前にちょっと引継ぎというので現役員会に参加した。
で、驚いた。
同窓会が学校教育にここまで立ち入っていいのか、と思うようなことをやってて唖然。
そのことに誰も問題を提起してこなかった様子にも唖然。
他にも旧態依然とした習慣がまかり通っていて、唖然とするばかり。

新会長、もうひとりの副会長とで、これは変だよねということで意見が一致し、変革をしていかないといけないんじゃないか、やって行きましょう、ということになった。

さてさて、小さな一私立校の同窓会にもCHANGEは訪れるのか否か。
[PR]
by ichigoshoto | 2009-01-27 17:59 | holiday主婦の日常