tontonのジュビレ日記

小旅行をば

ちょっと行ってきました。でも、25日から日記があいてるから25日からと思ったら、それは違う。1泊2日。でも、2日間めいっぱいの中身ぎっしりの旅行だった。
どういう行程かというと、

1日目:うち→新横浜→新大阪→大阪→梅田→宝塚→梅田→動物園前→梅田→ホテル
2日目:ホテル→宝塚→梅田→大阪→新大阪→新横浜→うち

この間に、観劇4回、某劇団本拠地見学&差し入れ(遭遇は叶わなかった/泣)。
観劇については、ジュビレ日記に書くとして、2日目のことを書こう。
朝5時に目覚め、寝ていても仕方がないので、早く宝塚に行った。そのおかげで、面白いことに遭遇したのだった。早起きは三文の徳、か。

最初は「宝塚大橋」とか、「旧歌劇学校」とか見てこようと思っていたのだ。劇場の周辺散策でも、と。
で、大劇場の横の歩道を大橋に向かって歩く。先に楽屋口がある。なんだか人だかり。あ、これが有名な「入り待ち」だな。ちょうど、誰かが到着したところのようだ。
近づいていって、驚いたわ。帽子を目深に被り、サングラスしてるけど・・・わたるだ・・・わたるくんじゃないですか。なんといういいタイミング。
ファンクラブの子(子とはいえない年齢の感じの人もいるが)はおそろいのGジャンを着ている。後ろのところに、「’05 WATARU KOZUKI」と書いたワッペンが付いている。
わたるくんも同じGジャンを着ている。(おー優しいお方だ)。
で、ファンの人たちは1列に並び、順番にわたるくんに手紙を渡していく。わたるはニコニコしながら手紙を受け取り、にこやかに手を振り、建物の中に入っていった。爽やかだった。
その後、とうこちゃんが入って、あと、続々と入っていく・・・ジェンヌさんのほかにも、劇場で働いてるらしいおじさん、おばさん、お兄さん、お姉さん。
とうこちゃん以外のジェンヌさんはわからなかった。みんな、帽子を被って、サングラスしてて、似てるんだもの。
背が高くて、小顔で、金髪だから、ジェンヌさんだとわかるんだけど、誰だか判別できない。
後で、そのことをCさんに言ったら、会服に名前が入ってるから、それを見れば判るとのことだ。でも、遠くで読めなかったな。
薄緑色のシャツとか、白い綿のジャケットとか、結構人数が多くて目立っていたな。
一人か二人が一緒に歩いてきて、ドアのところで手を振るくらい、て簡単な人もいるし。
又は、誰も一緒に来ない人もいるし。この人たちは、まだ若手なのかな。

ジェンヌさんの到着も一段落して、劇場正門に戻ってくると、スミレ売りをやっていた。まあ、これに会えたのも奇遇だ。この日は、予科生がやったんだそうだ。初々しいお嬢さんたちが袴姿でスミレを売っている。「ご協力おねがいしまーす!」なんて、黄色い声を張り上げている。
私も募金をしてスミレをもらいましたわ。
いい記念になった。
d0037729_159412.jpg

スミレ売りのジェンヌの卵たち。
[PR]
by ichigoshoto | 2005-05-30 02:08 | ほどほどジュビレ