tontonのジュビレ日記

ITの普及と現代社会における役割について①

なんか、ご大層なタイトルつけちゃいましたね。
先日、HP師匠と個人のHPとブログの(作る側と見る側両方の)楽しみ方、目的とするところなどについて、語り合いました。

早い話が、「5年前と今とでは、個人のHPのあり方が変わってきてないか」ということで、ブログの登場のおかげで、誰でも簡単にサイトを持てて、おまけに記事を作って載せるのがとても簡便なので、更新の間隔が短くなった。
それは情報量が多くなったということと取っていいのだろうか。
で、タグを打って結構面倒な操作を行うhtmlによるHP作りの愛好者は、どこへ行くだろうか。
ゆっくり丁寧に作るという手法は、もはや過去の遺物なのだろうか。
また、いろんなところで問題になる、ネットのエチケット―ネチケットの問題も。

師匠の膨大なネット経験と非常に身軽なスタンスに目から鱗の感覚を覚え、私はこんなことをしていたら、ネット界の化石になってしまうなあ、と思ったりもしました。

そんなこんなのお話しを少しずつしていこうかと思ってます。
[PR]
by ichigoshoto | 2007-04-02 00:30 | holiday主婦の日常