tontonのジュビレ日記

庭仕事しました

今日は久しぶりに1日空いていたので、庭仕事しました。

バラの苗木を植えました。
3本。1本は、「ヨーク・アンド・ランカスター」という名前。「ばら戦争」のバラですかー。
と、名前で決定。
これ。
d0037729_2165064.jpg

あとの2本は、「スイートブライヤー」という名前。
d0037729_2171472.jpg

どれよ・・・枯れ木みたいなのが2本並んで見えるでしょ。それです。
こっちは、実が生ってローズヒップが取れるそうです。
両方ともオールドローズです。
3本並んだところは、こんな感じ。
d0037729_2181149.jpg

(写真が鮮明じゃないですね。デジカメが故障&修理中なので、携帯で撮ったので)

ああ、なんか変な物体がありますね。切り株みたいなの。
これは、ゴールドクレストを切ったあとです。

塀のところに生えてたゴールドクレストが大きくなりすぎたので、先日思いきって短くしたんです(切ったのは夫)(というか、チェーンソーが切ってくれた)(「チェーンソー」なんてご大層な名前付いてますが、家庭で使える小型のが出てます)(1万円でお釣りがきます)(これだけ書くなら括弧つきにする必要ないような・・)。

で、だいぶスキスキになって、道から丸見えなので、何か植えよう、ということになった。

お母さんは考えたですね・・・まず、ずぼらな家族である。まめに面倒見たりしないだろう。
そうすると、半日陰でも育つ、ほっといても育つ、でも大きくならない、ちょっとの気候の変化でもへこたれない、虫にも強い、そういうのがいいのじゃないか。

で、職場の「ガーデニング師匠」(私が勝手に呼んでるだけ)に、上の条件にあうのがあるかどうか、聞いてみた。
二種ほど教えてくれた。
「ほら、○○のところの舗道に植えてあるでしょう」とか、「よく公園なんかで植わってますよね」

ええと。うちは舗道か公園みたいになっちゃうのか・・それはちょっとなあ。

お母さんは考えたですね・・・やっぱり植えたいものを植えたほうがいいのじゃないか。
ダメだったらそのときに、教えてもらった木を植えればいいじゃないか。

実は塀に沿ってつるバラを這わせて、可憐な花を咲かせる、というのが夢だったんですよ。
で、お母さんは決めました。
とりあえず夢に向かって一歩を出そう。諦めていたんでは、始まらない。夢の実現に向かって歩き出そう。
(おお、なんか宝塚なんかで聞いたことありそうだ)

で、ネットで探して、注文したというわけです。

師匠は・・・苦笑。
「なんだよーそれ」「手入れが大変ですよ」
ハイ、分かってます(握りこぶし)

息子たちは乾いた笑いを洩らし、枯れるんじゃないかとか、花は咲かないだろうとか、つぶやいている。
ふん、今に見ておれ・・。

公開したからには、なんとか成功させたいと思ってます。
上手く育ってくれるように、お祈りください。
順調にいったら、「バラ日記」というカテゴリー作ろうと思ってるの(ニッコリ)
[PR]
by ichigoshoto | 2007-02-04 21:34 | holiday主婦の日常