tontonのジュビレ日記

かぎ、カギが・・・

仕事の帰り、駐輪場で自転車に乗ろうとしたが、カギが入らない。
え、どしたの? 私の自転車だよね。紺色のくたびれたママチャリ。スポークにサビがでていて、籠の前のほうの網がちょっと破けてるのが目印。これ、だよね。確かにこれだと思う。でも、どうしてもカギが入らない。カギが壊れたのかな、家からドライバー持ってきてカギを外そうか・・。
でも、フレームに付いてるマーク、見慣れたのとちょっと違うような気がする・・。もしかしたら違うのか。こんなに「私の自転車」って顔してるのに?
周りを見回すと、ちょっとはなれたところに、これとそっくりのがある。
こっちか・・・おお、カギが入った。これだ。家に帰れる。
自分の自転車くらいちゃんと覚えときなさいよ、なんだけど、こんなにそっくりなのはそうはないだろうなあ。色のくすみ具合、スポークのサビ具合、で、かごの前のところの網の破け具合までそっくりなのだ。
自転車こぎこぎ、家に向かいながら、ここまでそっくりなのがあるんだと、何か目印をつけないといけないな・・何か、他の人と区別がつく、「これは私のっ」って一目でわかる目印。
わたる(とか桜花ちゃん)やなんかのシールは?(こっちにいくか。いく)
うん、いいかも。絶対すぐわかるな。
でも、わたる(とか桜花ちゃん)が雨ざらしになるなあ。それはやだな。かわいそうだ。そうすると、雨ざらしになっても私の心が痛まないようなのにしないといけないな。しかし、それは誰だ?とか考えるのも心が痛むな。朝、出かけるときに輝く笑顔が送ってくれたら、1日いい気分になれるだろうしなあ(お気楽オバサン)。難しい選択だ。
[PR]
by ichigoshoto | 2005-05-01 22:47 | holiday主婦の日常