tontonのジュビレ日記

「ジュビレ」ってフランス語

私が見つけた「ジュビレ」という名前のついたものたちです。

チェリージュビレ

アイスクリームにチェリーソースをかけて、いただくデザート。
下のURLで写真が見られます。
「フランスの高名なシェフが、英国のヴィクトリア女王の即位50周年の祝宴に初めて献上し」た、と、説明にあります。高貴なお菓子なんだ。
通販で買えるんですね。・・・8セットで、5250円!

http://item.rakuten.co.jp/rihga/cca-50/


薔薇の名前にもあるんです。

ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ

下のURLで、写真が見られます。

http://baradiary.blog19.fc2.com/blog-entry-4.html

可愛い花ですね。グレースケリーの夫君であるレニエ3世モナコ大公50周年を記念して捧げられたバラなんだそうです。

英語では、ジュビレーション(jubilation)の仲間で、ジュビリー(jubilee)という言葉があって、これのフランス語読みが、ジュビレというわけだったんですね。

なんだ、ジュビリーだったんだ(イマジネーションの欠如を思い知らされる)。
で、ジュビレ、ジュビリーは、歓喜という意味もあるけど、記念祭、祝祭、祝典という意味があって、特に、25年、50年の記念という意味合いが強いようです。

silver jubilee (25周年記念祭)、golden jubilee (50周年記念祭)って言いますね。
great jubilee of the year 2000 は、キリスト生誕2000年祭。あの「ミレニアム」です。

簡単に「ジュビレ日記」なんてつけちゃったけど、ちょっと恐れ多いです。まあ、私にとって観劇の日は全て「ハレ」の日・・祝祭みたいなもんですから、当たってないこともないか・・。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-08-31 00:30 | ほどほどジュビレ