tontonのジュビレ日記

7月になってしまった

今年は、びわが豊作のようですね。
うちの庭のびわの木がほんとに鈴なりになっていて、ホッホッホ、我が家の庭は栄養がいいんだわ、と喜んでいたら、どこの家も沢山生っている。
ああ、多分冬から春にかけての気候が良かったんですね。
ほったらかしにしているうちの庭が特別栄養状態がいいわけがない。

で、美味しい思いを沢山できて、ありがたいのだが、人間の心理って不思議なもんで、タダで食べ放題、となるとそんなに食べないのね。
スポンジシート敷いたパック入りのを1パック○百円、なんかで買ってきたりすると、ありがたがっていただく。何個か摘んだあとは、そのままだ。
放置しとくと、実は熟して落ちる。腐って、種が土に埋まる。そうすると、芽が出て葉がでて・・・ほっとくと、庭がびわ畑になってしまう。
それでは困るので、(仕方がなく)びわの実を採り、片付ける。食べられそうなのは除けておく。
そんなことしてたら、裏のオバサンがちょっとちょっと、と、塀越しにお呼びになる。
なんでしょうか・・・裏のボウボウの草をナントカしてください、とか言われるんだろうか。
日頃、きちんとしてればこういう心配はしなくてすむのよ。

しかし、違う用件だった。
庭で採れましたからと、両手にいっぱいのインゲンを下さった。
恐縮しながら受け取り、あ、じゃちょっと待っててください、と、今とったばかりのびわをババッと差し上げる。まあこんなに沢山、と喜んでくださった。良かった、良かった。

恐縮ついでに、裏の草もこれから片付けますから、なんて言っちゃったもんだから、びわだけやっつけようと思ってたのに、家の横から裏を回って玄関までぐるりと草刈りをする羽目になった。
草刈機がやってくれますから楽なわけなんだけど、それでも、どくだみとヒメジョオンの畑状態になってたから、結構時間がかかった。
いい運動になりました。
収量ゴミ袋8個分、回収率88%、てとこか。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-07-02 11:12 | holiday主婦の日常