tontonのジュビレ日記

歌を満喫

オペラを観てきました。
いや、聞いてきた、というべきでしょうね。
演目は、モーツアルトの「魔笛」。

プラハ室内歌劇場がそっくり舞台ごと、引っ越してきた、てかんじだ。もちろん、本場でやるのとは、人数や装置の違いはあるんだろうが。
ソリスト、合唱、オーケストラ、指揮、全員、このシリーズのために来日した人たちだ。

で、序曲の出だし、ペットが合ってなくて、弦の音がクリアでなくて、なんじゃこりゃーと思ったんだが、しかし、ノリがいい。タ、タ、タ、タ、と弾むところなどから段々乗ってきて、尻上がりによくなった。なんでしょうかね。ちょっと寝ぼけまなこで始まったけど、目が覚めたらちゃんとできるよ、てことですか。

ソリスト皆さん、文句無く素晴らしい歌を聞かせてくれて、大満足だった。
夜の女王のアリア、きれいに高音が出ていて、良かった。夜の女王の役が付いた歌手は、ヨッシャーと気合が入るんだろうな、などと思ったりする。
タミーノやった人、品のある演技で好感が持てました。
私は、モノスタトスやった人の声が好みだったな。なかなか長身でカッコいいんだけど、ガン黒なので、双眼鏡で覗いてもどんな顔つきか分からなかった。
パパゲーノをやった人が芝居っけがあって、楽しかった。パパゲーナの細身の身軽な人も良かった。この二人で、舞台の印象が随分変わるから、大事な役どころだ。

しかしね、伝統というのか、生息している世界の違いというのか、ちょっとでてきて、ひとこと二言しゃべるだけとか、ちょっと掛け合いで歌うだけとか、そういう脇の人の中に、とてもいい声を響かせる人がいたりして、合唱のところも、いい声が聞こえてきたりして、あーこりゃ凄いもんだなと思ったのだった。


「魔笛」って、遊び心がいっぱいで、華やかなところとちょっとおどろおどろしいところがあって、冒険譚的なところもあって面白いんだが、やっぱりオペラは地味だ(笑)、と思った。
タカラヅカやOSKで思い切り派手にやってほしいですけどね、やったことあったっけ、と思いましたが、ないですよね。ぴったりの素材だと思うんだけどね。
さらわれた王女と彼女を救出に行く王子、二人が出会う試練とその試練を克服した後の幸福、なんて、ぴったりじゃないだろうか。それに、鳥と人間の合いの子みたいなパパゲーノ、華やかな夜の女王、アラブだかエジプトだか分からないような謎に満ちた僧侶、と、仕込み甲斐のあるネタが満載だと思うんだけど、何で今までやってないんだろう。
キムシンには頼みたくないが(変なことになりそうで)、だれかやってくれないですかね。

あー、はやみさんが挑戦してくださったら、また、こりゃ面白いもんができると思う。
初瀬みきのタミーノなんて、ハマリすぎでワクワクしちゃいますねー。

今日はオペラの話だからこっちに書き始めましたが、行き着くところはここでしたね。
[PR]
by ichigoshoto | 2006-06-17 20:13 | holiday主婦の日常