tontonのジュビレ日記

なんて手がかかるの

いや、息子のことじゃなくて。
息子も、もちろん手がかかりますが。

たまごっちのことである。
なんで私がたまごっちなんかやってるのか?

先日、職場でバザーがあって、どっかの子供が忘れていった。
届けられたたまごっち、まだ成長中だったので、持ち主が現れるまでちょっと面倒見てあげようかと思ったのだ。

で。
その子はすぐ天国に召された。
卵をかえして次の子を育てるが、又すぐ死ぬ。
ぴぴぴ、と呼ぶので、そのたびにいろいろ相手してやってるのに。
いつの間にか力尽きてるのよ。なんでかなー。

この10日間あまりで、3匹が生まれ、短い一生を終えていった。

以下は、わが「タマメモリアル」である。天国で幸せになっておくれ。

つらおせ。 5才、たまごっちかぜによる。
ひにちえ。 3才、えいようふそくによる。
はなちう。 4才、たまごっちかぜによる。

訂正しようと思うと決定になってしまって、みんなこんな名前。

今は、「えりらへ」というのを、育てている。
初めての女の子。
かあさん、頑張るから、もちょっと大きくなったちょうだいよ。
[PR]
by ichigoshoto | 2005-11-18 22:08 | holiday主婦の日常