tontonのジュビレ日記

春のおどり/2014 その2

二部について。

吉峯さんのショー作品は、定番のカテゴリをつなげて作り、それぞれのテーマの中にちょっとしたエッセンスを加える手法と見受ける。派手な装飾だったり動きのあるスペクタクルのある舞台装置で新規な効果をねらったりしないで、ちょこっとした背景で雰囲気を伝え、見せるのはダンス。それだけでいい、という潔さと自負があると思うんだが―先立つものの不足によるものだと言う人もいるけど―、いや、そうであったから、内容で見せねばならぬ、魅せねばならぬ、という状況があったかもしれないし、そうでなくても、大劇と言われる大阪劇場でタカラヅカと派を競ったころから、「ダンス」は、OSKのウリであったわけで。

なにが言いたいかというと、今回もそういうオーソドックスかつシンプルな構成で、私は、OSKにおいてはこういう構成が好きだ。オーソドックスかつシンプルな構成であまりある内容を見せようという気概はそこここで感じた。あの、「Black & white」を再演しようというところなどね。団員の全体の技量がそれを演ずるに値するところまで追いついてきたという判断があったからこそなのだと思う。

で、その、Black & white。
太鼓のリズムが始まるところから、ワクワク。
楊林、白藤麗華、麗羅リコの3人。頑張りました、花丸。
という感じかな。
膝を手で押して移動するところは、もっと粘りがほしいし、きっちり見せてほしい。ヤンリンのジャンプももっと耐空時間がほしいところ。

そのあとの、男役3人組がでてきて踊って、娘役が出てきて、掛け合いみたいなことになって、入れ替わりがあって、最後は大勢になって、どんどんテンションあがって、最高潮に達したところで、ストンと終わる。この展開がとても洒落てる。ジャズしてる。途中からはロックかな。
ノリノリでよかったです。
2004年の時のを思い出して、もちょっと、という感じがしたのは、ほんのちょっと、ノリ遅れてる人がいたせいか。舞台で聞こえる音と客席に届く音の時間差のせいかな、とも思ったけど、それだと、舞台上の動きは早くなるはずで。よくわからない。
朝香さんはきっちりノッて踊っている。
彼女のダンスは硬質だ。同じポジションで踊ってた若木さんの軟らかい軽やかな動きを思い出したりした。
このレベルになると、それぞれの特性ということ。

さて、この間言ってた「ブードゥー」。
私の中のブードゥー教のイメージは、カリブ海に浮かぶ島国ハイチの民間信仰で、「呪術を行う」、「踊り狂う」、コワイタイプの宗教。
そんな浅薄な知識でもって見るから、「これはアフリカではないのか」「ブードゥー関係ないんではないか」と思ったわけだが。

改めて調べてみると、「植民地時代の奴隷貿易でカリブ海地域へ強制連行されたダホメ王国(現在のベナン)のフォン人の間における伝承・信仰がキリスト教と習合した事によって成立した」のだ(Wikiの受け売り)。そういう経緯があったのね。ジャズの歴史において、アフリカはその原点であるかもしれないが、奴隷としてアメリカにつれてこられた黒人の祈りがその本質であり、さらに、ブードゥーの音楽はカリブからニューオーリンズに渡り、ジャズへと発展していった。そこに、作者のこだわりがあった、ブードゥーは入れなくてはいけないアイテムなのだ。ブードゥー→ニューオーリンズ→ニューヨーク、というジャズの誕生から現代までの流れがあるのだ。Black & white というタイトルそのものがそこに包含される歴史を示しているではないか。
私はなにも理解していなかった。
そう思って最初の3人のダンスを見ると、また違って見えてくるように思う。



前後するが、「タンゴ」があった。OSKのタンゴ、好きです。
ここのウリは、タカセくんの女装。いや、女役か。
やっぱり、デカイし、肩が角ばってるから、華奢な娘役とは違うのね。
「ニューハーフ」というのはありか、と、友人に言ったら、即座に「ないっ!」と言われた。
桐生さんと桜花ちゃんとのキスなんてのもあるし、ありうるかもねえ。相当に倒錯的幻惑的な世界になりそうだが。


フィナーレのダンス。
名倉加代子の振付。

男役の振りで、
片手を上げてやわらかくちょっと曲げて、片手は腰に当てる振り。(これで回ってたっけ。。もう忘却の彼方)
それから、両手を右側(だったと思う)の腰で揃える振り。こちらも手はちょっと曲げてる。

このポーズが、いつもの「男役、カッコいいだろ」ダンスと、ちと違う感じがして。なんか踊ってる人もいまいちカッコつけられなくて戸惑ってる感じがしたりして。

で、真麻くんを見たら、わかった。
これは、クラシックバレエの男性ダンサーが、パ・ドゥ・ドゥで、よくやる振りではないか。
真麻くんは、理解して踊っているようだった。

名倉さんの意図はどこにあるのか。
今はわからない、わかるときがくるかどうか。わかる必要があるかどうか。


***

昨日で松竹座の「春のおどり」は終了した。
まだ、東京での公演があるけれど、
桜花昇ぼるは、OSKにさよならしたのだ。
寂しさを感じる。




***

タイトルを、「春のおどり/2014」 から 「春のおどり/2014 その2」 に、変更しました。
次の記事を書こうと思って、この記事になにも付いていないことに気づいて、
後で整理してみるときに面倒でしょうと思って変更しました。

あれ、新しい記事? と思われた方は、混乱されますね。
すみません。


















[PR]
by ichigoshoto | 2014-05-26 18:20 | OSK