tontonのジュビレ日記

このまま行くのか

私が想像したとおりの展開になりそうで・・。
実はいい先生かも・・。病気を持ってるのかも・・。
でも、最後にあっと驚くどんでん返しをして欲しいですね。

も一つこんなこともあるかなあと思ってることはあるんだが。

最後の最後、アクツ先生が教壇で皆に別れを告げる・・・ドラマが終わる・・・。

「カットー!」「お疲れさんでしたあ」
で、毎週流れているクレジットの場面に繋がる。
ドラマを撮ってたのさ、で、女優さんは明るく挨拶して出て行って、スタッフが後に続く・・最後にみんなのダンスがあるのね。
じゃ、あのアクツ先生と生徒のドラマはなんなのか、って言うと、若者たちが昔世話になった先生のことをドラマにしたい、と、プロデュースしたもので、アクツマヤ役は女優さん。アマミ本人としてでるかどうかは分からないけど。

そんな最後にして、中のお話自体を空中に飛ばせることによって、ちょっと軽くする、とか。
あの最後のシーンを見てると、もしかしたらそんなことになってるのかも、と思わないではないが。
深読みオバサンの考えすぎかもしれません。

ところで、ユースケ君のおばあちゃん(おじいちゃん)。
他のどのお母さんより、シックで素敵だわ。
紫がよく似合う。
[PR]
by ichigoshoto | 2005-09-07 17:43 | holiday主婦の日常