tontonのジュビレ日記

花組 「サンテ=クジュペリ」/「CONGA!!」

これねえ・・・。

「サンテ=クジュペリ」のほうが面白くなくて。
ショーがとても楽しかっただけに、残念ですわ。


現実部分と幻想部分の乖離。
やりたいことはわかるような気がするが、うまく構築されてません。
出てくる人が唐突で、どういう経緯でこういう関係、とか、その心情はどうなんか、とか、ぜんぜんわからんのですわ。

それでいて、突然らんちゃんが王子さまになったり荘さんがキツネになって出てきたりしてね。
自然に幻想シーンにいざなう、ということができてないから、観てるほうは混乱する。
ついていけない。ということになるわけ。



一番(というかほとんど唯一)よかったのは、荘さんのキツネでした。
荘さんはどこに行っても自分の世界を作れる人だ。(それは裏表の特性でもあるのですが)


それと、汝鳥伶!
このおじさんも、サンテ=クジュペリとどういう関係か、てのがよーわからん。
わからんながら、おじさんがしゃべると、おじさんの人生の歩んできた道のりのあれやこれや、苦労やなんかがじんわりと感じられる。うるっときたところありました。
さすがだ。


まー結局のところ、
とにかく、谷さん、がんばってよてことです(て何度言ってるかなー)

こういう演目が堂々と舞台に乗っかっちゃう、それで公演を成り立たせちゃうとこがタカラヅカなんだけど、これはいかんでしょうと思いますよ。
一生懸命演ってる子たちが気の毒だ。


お隣に座ってたご夫婦、ショーのときにはいなかった・・・ショーまでいてくれたらなあ。
急用ができて、ということだったのかもしれませんけど。








「CONGA!!」


藤井くんは、はずさないね。
とても楽しかったです。


掛け声、おたげび、目線バチバチ、眉間のしわも麗しく、ああ懐かしの男役が帰ってきた!
大階段を降りてくる男役たちを見てワクワクしたのは、久しぶりです。

らんとむ、ここぞとばかりに、クササ全開で踊りまくり。
蘭ちゃんも一緒に踊る、踊る。
トップコンビはこうでなくちゃな。

でですね。
「熱いショーです」と宣言してるだけあって、どの音楽もトランスのビートで、ドンドンくるわけですけど、それに合わせたダンスが結構ハードで。
よくある8拍子に4拍子の振りがついて、というのでなかった。
これが、偽物でない熱さとしての表現となりました。

「気」を感じました。
気合いの「気」。 意気込みの「気」。 元気の「気」。
付け加えるなら、男気の「気」。






ピンポイントとしていくつか。


らんとむとらんちゃんの白い衣装のエロいダンスのシーン。(エロい言うな。「ベルダデロ・アモル」(真実の愛)ですよ)
二人の間に割って入る黒い衣装の男女のダンサー。これが、すごくてですね。
特に、女役のほう。キレがよくて劇的なダンスを踊る。たぶん、男役がやってるんだろうなと思いましたけど、いかんせん、若い子はわからん。
家に帰って確認しました。
冴月瑠那くん。
藤井くん、ナイスキャスティングだ。

タカラヅカって踊れない、というイメージ持たれてますけど、ダンサー結構いるんですよね。
使い方の問題なんだろうね。
タカラヅカは総合舞台芸術であって、ダンスだけの舞台ではないですから、それだけでは決まらないとは思いますけど。


あとは、中詰ですかね、みんなが(動物園ではおなじみの)動物さんになって出てくるところの、

桜一花ちゃん。

「ジラファ女」だそうで、てことは、キリン?  キュートなキリンだ。

黄色の前髪が似合う人NO.1です。
片足白いタイツで、スマートにきまってるってとこもすごい。
どんだけ鍛えてるんだ、ということですよ。

ちなみに、ジラファ男はいません。



それから、最後のほう、紫色のシーン(衣装の色から)。
荘さんが歌ってるとこで、まとわりつくピンクのドレスの美女。
ガッチリした肩があらわですが、なかなかのもんです。
横顔で、望海くんだとわかりました。
化けるのうまいです。



こんなところで。
「CONGA!!」はもっと見たいと思いました。
組長就任のさおたさん、最近踊るとこあまり見られないのがちとさびしいです。
[PR]
by ichigoshoto | 2012-10-14 09:00 | タカラヅカ