tontonのジュビレ日記

星組 「ダンサ・セレナータ」 その1

星組東京公演「ダンサ・セレナータ」/「セレブリティ」観てきました。



「ダンサ・セレナータ」


マサツカさんお得意のテーマですね。

革命前夜。革命に命をかける者、それを阻止しようとする者。
彼らの相克のはざまで生まれる恋。
で、ダンスは付き物で、タンゴはよくつかわれるアイテム。

てな感じですね。

ドラマが成り立っていて、演ずる人たちがリアリティを持って立っていてくれれば、面白いことになると思います。


tonton的には、「二人だけが悪」が好きかなあ。(「ふたりだけがワル」と読んでください)

昔のですけど。マリコさんですけど。
主人公は珍しく体制側の人間でしたけど、
これが体制におもねらなず、独自の判断で行動するツワモノで、手掛かりの糸を手繰り寄せると、なんと、自分の過去の上司の悪事が露見し、結果的にゲリラの若者にもロシアのスパイにも協力させて、一件落着、という話でした。よくできたお話しでした。みんな、上手かったし。

わたるさんも町のちっちゃい店の店主役で出てましたなあ。出どころの怪しい武器みたいな品物も買い取っちゃうような、そういうことやってるおじさんで。
甲高い声で文句言うんだよね。
甲高い声は変わんなかったね。あはは・・。

で、主人公の男が偶然知り合った女性がシスターでありながら、内緒でクラブでタンゴダンサーとしてアルバイトしているという。
ちょっと、普通はあり得ない設定ながら、白城あやかのダンスがとても素敵でセクシーで、納得してしまいましたが。


あーマリコ語りをするとこではありませんでしたね。

現在の星組の話し。

この物語も似たような設定、で、レオンが踊れるからでしょう、主人公はダンサーだ。
(もちろん、過去にはいろいろいろいろあるわけで)

主人公が恋に落ちる相手も、ダンサーだ。
というか、天性のダンスセンスを買われて、本人の意思とは別に、クラブで踊ることになる。

ここらへんの設定が、今の星組のトップコンビにぴったり適合してるかどうかというと、う~ん・・・。
なんだけど、ま、それはおいとく。


イサアク、かっこよい。
外見も中身も力強くかっこよい。
それを演ってる柚希くんがかっこよい。
筋肉を感じましたけど、そういう鍛え方をしてきたのか。それとも補正の成果か。

酔っ払いに殴られそうになって、さっと手で制し、売り物の顔を傷つけるわけにはいかない、と言うところ。
レオンイサアクのかっこよさは、客席に向かって「そのとおりだろ」と言って、ねじ伏せますね。


いやそんなことより、ダンスいっぱい。
ガンガン、気持ちよく自信たっぷりに踊っているんだよね。
これがいい。


つづくよ。
[PR]
by ichigoshoto | 2012-08-04 09:00 | タカラヅカ