tontonのジュビレ日記

月→雪→宙 その7

「はなやかなりし日々」

華麗なる詐欺師。
軽妙洒脱、臨機応変の頭の回転の良さ、でもってちょっとしたところで暖かさも垣間見せて、いろいろあるけどそういうのは全部飲みこんで最後までカッコよく、「じゃねっ!」と去っていく。
お涙ちょうだいでなく、あくまでスマートに、おしゃれに、さようなら。
大空さんらしいですね。


そのロナウド・フィリップスが発掘しちゃうショースターが、野々すみ花演ずるジュディ・レイン。
純朴で素直で、芯の強いところもあるヒロインで、好感が持てました。
ジーグフェルドフォーリーズのレビューショーもきれい、きれい。華やか、華やか。

でも、このショーが終わったら、バラの花束残してロナウドは消えているんだよね。
ジュディはそれも乗り越えて、大女優になっていくんでしょうが。
余韻を残したエンディング。


レビューシーンが華やかでよろしい。
ミュージカル仕立てで大スペクタクルのレビューシーンが出てくる往年のハリウッド映画みたいです。
あれを観て研究したんかなあ。


作・演出の原田諒氏、大劇場公演はこれがデビューなんですね。
うん、いいかも?
こういう小洒落た作品、もっと観たいですね。





*****



ショーのほうは、「クライマックス」

これ、タイトル見てがっくりきた。Cry Max て。

”climax” と ”cry max ”をかけたんですか。
タカラヅカらしいと言えば、らしいですが・・・。


さて、肝心の中身ですが、どこを切っても大空ショー。
という印象だったですが、退団公演だからね。
すみかちゃんが場面を盛り上げ、華やかにしてました。
できる嫁もらってよかったね。

で、キラキラのオープニングのあと、スーツにジャズとか、凰稀くんの金ボタン軍服ケープ半掛け(キターッ!!)とかありましたけど、パリのシーンですか、これ、途中で切れる感じがあるのね。
華やかなレビューシーンが始まったと思ったら、大空さんたちが地味な服装でシリアスに踊ったりして、と思ったらまたレビューシーンに戻る感じ。
大空さんのシャルマンが牢屋に入ってるとのことですが、よくわからない。(シャルマンて、なんで?)

クライマックスの連続とのことでしたが、切れ切れな印象で、全編クライマックスというわけにはいかなかったです。



凰稀くん   凄くカッコイイ。それで十分だけど、欲を言うならも少しキレがほしい。
悠未くん   オッサンぽさが確立されてきた。好きです。トップになってほしいなあ。
蓮水くん   ニコイチで踊ってた春風くんが花組に行っちゃって、ダンスは一手に引き受けてる感じ? がんばってください。






のろくさやってる間に、「銀河英雄伝説@タカラヅカ」の製作発表会がありました。
(アナウンサーが「アット」と発音してるのがうけた)

組替えで大補強して、美しい嫁を迎えて、万全の態勢でゴーッ!!
てとこでしょうか。
マンガにもアニメにもなってて、他の劇場版もやってますね。
これぞ、タカラヅカ版! 
というのをぜひお願いしたいと思います。



次回は、いよいよ星組へ。
[PR]
by ichigoshoto | 2012-07-28 09:00 | タカラヅカ