tontonのジュビレ日記

花組 「復活」/「カノン」 その5

「カノン」にいきましょう。「復活」についてはなにか思い出したら、てことで。

音楽用語である「カノン」の意味を考えて、なにか関連することになっているのかと期待すると、肩すかしを食います。

『世界の名曲を素材に、それにまつわる悲しみ、希望、愛などの“思い”を各景の主題とし、全体が一つの音楽詩として、生きる喜びを歌い上げます。』

とありますけど、「カノン」というタイトルにする必然性はないですね。
で、荻田くんなんかだと、いろんな主題のシーンのどっかにつながりがあったり、最初のシーンに回帰したりなんていう仕掛けをしのばせたりするんだろうと思うんだけど、三木さんのこれは、そういう関連性もなく、ひとつひとつのシーンの積み重ねという風には感じられませんでした。

しかしながら観に来る人のほとんどは、このショーのテーマはいかに表現されているかなんてことは考えないでただ楽しんでお帰りになるわけで、私もご多分にもれず、ですので、まあ細かいことはおいときましょう。
前置き長し。


***


タカラヅカのショーでよくあるんですけど、テーマソングのタイトルのリピートコール・・・つまり、カノン、カノン、カノン~♪ という繰り返しは、いい加減にやめたらどうかと思う。

のですが、ショーとしては面白かったです。

ほとんどのシーンにらんとむ登場で、ありゃーこれは大変だなーと思いましたけど、らんとむ、バリバリスカシて踊っていて、カッコよかったです。


全体が紫の色調の場面、美術館の絵画が動き出す、てことらしいですが、こういう怪しいの好きですね。
らんはなちゃんもしっかり怪しくて、怖くて、らんとむを手玉にとってて、よかったです。

ここで、娘役の中に花野じゅりあ嬢が入ってなくて、アレなんで? と思ってたら、次の場面、ロケットでしたけど、ピンで登場。
ダイナミックな肢体を惜しげもなく露出して、健康的なお色気でした。
元気が出ますね。


(続く)
[PR]
by ichigoshoto | 2012-03-19 09:00 | タカラヅカ