tontonのジュビレ日記

オーシャンズ その13

真風涼帆クン。スリのあんちゃん、ライナス。

真風くんのこの名前。
かつて、オスカル役で人気だった男役さんのお名前とだいぶかぶりますけど。
アナグラムみたいで。ファンだったんでしょうかね。
でも、持ち味は違ってますね。

私は、最初に見たときに、水さんとそっくりでびっくりしたのを覚えてますが。
そろそろ、「水さんそっくりの」という枕詞は返上といきたいですね。

穏やかでいい人の雰囲気あります。持って生まれた癒し感。
それは素なのか、役作りの結果なのか。

「ブエノスアイレスの風」のときの(頼りない)印象が強かったので、「オーシャンズ」では、偉大なる父の後塵を踏み、多少いじけたスリのあんちゃんは、あて書きか、と思うほどぴったりだと思ったのですが、もしかしたら、こういう演技ができるようになったのかもしれない。

穏やかな感じを受けるのは、目線の影響があると思いますが、タカラヅカの男役としては、ときには、ビシーーッ!! ガンッ!!  みたいなビーム飛ばしも必要と思います。

お目目グリグリのタイプではないので、目線を効かせるというのは難しいんだけど、あまたのそのタイプの先輩方がそれぞれ工夫してインパクトを客席に投げてきたわけで。

がんばれ!!



****


あとの3人は、それぞれ役目はちがうんだけど、同じ感じに見える。
いまどきの若者風というスタイルがそういう印象になるんかな。


美弥るりかクン。 天才ハッカー。

彼についてはまだわかりません。
それなりに出来てると思うけど、天才ハッカーのオタクぽいところはもうひとつだったみたいな。
美弥くん、組替えですね。
飛躍を期待しよう。




モロイ兄弟。

如月蓮クンがおにいちゃんで、天寿光希クンが弟。

この二人、結構達者?・・う~ん・・よくわからなかった。別々に出てくると区別がつかないんですわ。いや、一緒でもわからなかったりして。すみません。
年取ると判別が大雑把になるといわれるけどね・・。AKBなんたらなんて、みんな同じ顔に見えるし。
そーいうこととも違うと思うんですけど、数見てないからだろうと思いますけど。
映画だと、この兄弟があらゆる場面でけんかしてて、そこが面白かったけど、舞台版ではそこまで入れられなかったか。

ヒップホップダンスのところ、よかったよ。
どっちだったかな(だから、まだよく区別ついてない)





「オーシャンズ」はこのあたりで。
また、お会いしましょう。
[PR]
by ichigoshoto | 2012-02-24 09:00 | タカラヅカ