tontonのジュビレ日記

オーシャンズ その9

tonton的(偏りまくり)舞台版「オーシャンズ11」の見どころ。


①蛇ダンス
②ショーシーン(マイク&3ジュエルズを含む)
③フィナーレ(°▽°)ノ
③シカゴ駅の電車
④レオンの羽バサリ




①は既出。

②はですね。これはもうタカラヅカならではでありましてね。レディ・ダイアナとダンサーたちが並んだところで、ワクワク。ゴージャスでよろしいです。
あと、EL CHOCLOのショーシーン。こっちはちょっとエロくて好き。
けど、タカラヅカ的にお行儀よくて、下品に陥らないラインを保ってます。
「大人も子供も楽しめるエンタテインメント」という、小林一三翁が目指した基本をきちんと守っている。

③ダンスがよい。SHUN、AYAKOという振付家ですよ。
イキがよい。かっこいい。レオン以下、男役がガンガンアピールしててうれしい。
羽山さんや若央さんの正統タカラヅカダンスもよいけれど、こういう新しい感じのもいい。

④スリの真風くんを、スカウトしに行くシーン。
駅のホームに電車が到着して、ドアが開き、乗客が出てきて散っていく。
普通にあるシーンだけど、この電車が映像。
電車が入ってくるところで、アー映像。と思ったけど、ドアが開いたら、リアル人間がこのドアから出てくる。驚きました。
こういう使い方があったんだ。斬新。
こういう使い方が演出だと思うのね。
「水さんが馬に乗って駆ける」ビデオを延々と映し出すなんてのとは雲泥の差があります(これ、誰だったっけ)。
技術的には、ドアのところだけ開くようにしたパネルか紗幕を使うんかなと思うんですが。次に行く時、よく見てこよう。

⑤これは、ほんとに個人的トピック。
パレードです。
最後、レオンが羽を背負って階段降りして、センターに出てきて、客席に向かって一礼する。
お辞儀の勢いで、ナイアガラが背中を超えてこっち側にたれて来たんですわ!
レオン、凄い! この力技! 
体育会系ですなあ。
わたさんがトップのころ、このナイアガラバサリ、をしていたけど、あれを上回る勢いで。
これ、続けてほしいです。
[PR]
by ichigoshoto | 2012-01-31 09:00 | タカラヅカ